エンディングノート

地元の映画館シネマイーラさんで『エンディングノート』を観てきました。
 砂田麻美監督の、実の父親のガン発見から亡くなるまでを記録したドキュメンタリー。手術できないほど進んでしまった胃ガンだと知った父は、死に至るまでの段どりを自分でたてはじめます。人生最後の一大プロジェクト。終活。
 最初に取り組んだのがエンディングノートでした…。
 テレビでも放映されていたエンディングノート。実はこれ、私も書こうと思っていたものです。いつなんどき、死が訪れるかわからない。後に残された人たちが困らないように、必要なことはちゃんと残す、そして自分が希望する死に方をかきとめる…。大事なことだと思いました。
 で、去年、本屋さんでエンディングノートを購入。母が手術をしたことをきっかけに、仙台の両親にも渡してきました。手術をしたばかりの母に、エンディングノートを渡すなんて、親不孝な娘かもしれません…でも、いつかエンディングノートのことは言おうと思っていたことだったのです。母は病気をきっかけに、たぶん死を近く感じたでしょう。そういうときに考えてもらえたらいいなと思ったのです。死のことを話すのをタブー視してはいけないのだと思うのです。
 でもさすがに、堂々とは渡せなくて…別れ際にこそっと渡してきたのですが。あのあと、みてくれたかなあ…不安ではあります…。
 映画の話に戻すと。最後まで取り乱すことなく、自分の死を見つめ、覚悟し、段どりを立て、家族を愛し、家族への感謝を言って、亡くなられたお父さん。立派でした。あれほど安らかに逝けたのは、家族の支えがあったからですね。それでも、自分の父親をずっとカメラで撮り続ける監督の気持ちを思うとたまらなくせつないです。でも本当の姿だからこそ、感動的に迫ってきます。みなさんに観てもらいたい映画だと思いました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください