スコットランドのティータイム

東京でのトークイベントを終えて、帰ってきました。イベントは日暮里にあるChaTea紅茶教室さんで。『スコットランド紀行 スコティッシュ・ティータイム』と題して。
 二日にわたって、計4回。スコットランドの魅力、タータンチェックの魅力を、写真や実物をお見せしながら、お話させていただきました。紅茶を勉強されている生徒さん対象ですので、イギリスの歴史や、アフタヌーンティーのことなどは基礎知識として持っておられますので、少しつっこんだ内容も♪ 熱心に聞いていただき、スコットランドに行ってみたい♪と言っていただけた時はとてもうれしかったです。
 まだまだ、日本では浸透していないスコットランドという国。多くの方に観光に行っていただきたい!!!と思っています。
 お話のあとは、ChaTeaさんが手作りして下ったスコットランドのお菓子、「クラナハン」と「ダンディーケーキ」、そしてもちろん紅茶コーヒー で団欒きらきら どちらもスコットランドの命の水「ウイスキー」を使ったお菓子です。私はウイスキーは飲めませんが、お菓子は風味づけに使われているので大好きですよ。

 テーブルクロスはチェック柄♪ インテリアもスコティッシュにこだわってくださっていました。ありがとうございます♪ スタッフの方、生徒さんも、チェックやタータン柄のお洋服をさりげなくダブルハート ただ、チェックのテーブルクロスに合う茶器を選ぶのが大変だったとのこと。確かに個性が強いチェックだと、どんなデザインの茶器でもOKというわけにはいきませんね。
 この季節、タータンチェックをあちこちで見かけますので、秋から冬の季節は好きです。タータンチェックに興味のある方は、私の本をぜひご一読いただけたらうれしいですスマイル

『タータンチェックの文化史』白水社

『スコットランド タータンチェック紀行』産業編集センター

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください