銅版画展へ

浜松のギャラリー「ページワン」さんで、逸見亜古さんの銅版画展が始まったので、初日の今日、行ってきました♪
 銅版画が好きな私、逸見さんの作品も、前から好みで、気になっておりました。

 茶色のセピア系の銅版画が懐かしいような感じ。天使や赤ちゃんたちがかわいらしい♪ 今回は、色を塗ったカラーの銅版画も♪ アンティーク洋書の挿絵のような雰囲気がとてもすてき。
 ご本人も来店され、オーナー夫妻が出してくださったコーヒーを飲みながら、おしゃべりもさせていただきました~。ページワンさんの裏庭は、緑豊かな気持ちのいい空間。つい、長居してしまいます。
 迷いに迷って、小ぶりの作品をお嫁入り。大事にしたいと思います♪
 逸見亜古さんは東京での個展が多いそうですが、全国にファンがいらっしゃって、今日は三重から車で来られたお客様もいらっしゃいましたよ。
 浜松での銅版画展は、11月6日まで。ご興味のある方は、ぜひぜひ、実物を見てみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください