イギリス本

最近、またイギリス本にはまっています。
●『バッキンガム宮殿の日常生活』(文園社)
bakkingum.jpg
バッキンガム宮殿内部がどうなっているのか。見取り図まで出ているのがすごい。また、エリザベス女王とその家族の公務・外遊での様子や、レセプション、晩餐など日々の暮らしぶりがよくわかって、とてもおもしろかった。宮殿内ですべてが済む、村みたいなところと書かれてあって、なるほど~と納得。
●『イギリス式農家の整理術』(宝島社)
●『イギリス式シンプルライフ』(宝島社)
01736001_20100511124837.jpg
01798301_20110606122928.jpg
 どちらも井形慶子さんのシリーズ本です。イギリスの暮らしの本では井形さんが一番数が多いかも。全部は読み切れませんが、私はかなりの数読んでいるし、持っています♪ ご自分で英国風の家を建てたり、ロンドンの部屋をリフォームしているのが、実践的で楽しく読めます。
 これらはオールカラーで写真満載。イギリスだけの話題かと思いきや、突然日本国内のお店や会社紹介が出てきて、???と思うところはあったけれど、自分の家を自分らしく整える知恵というのは、イギリスの暮らしからヒントがもらえる。
 『イギリス式シンプルライフ』には、私が『スコットランド タータンチェック紀行』で紹介したお店「Judith Glue」と「Lochcarron」社が掲載されていて、井形さんもこのお店にぐぐっと来たのね、とうれしくなってしまいました。
 ああ、またイギリスに行きたくなってきたダブルハート

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください