オーストラリア旅行記その6

2011年8月12日(金)
 6:00ピックアップのバスで、ウルルの朝日を見に行きました。なな、なんと、運転手がホットチョコレートとクッキーを出してくれました。あまりに寒いからでしょうが、とてもうれしい心遣い。ウルル・エキスプレスのバスで飲食物が出たのは、この朝日見学のバスの時だけです(セルフサービスだったけど)。
 さて、このサンライズ・ビューイングエリアは、2009年にできたばかり。何千人もの人が朝日を見に訪れるために作られたということでその日も、高い場所から見えるデッキはかなりの混雑ぶりでした。展望デッキのほか、遊歩道もあり、私は昨日知り合ったTさんと遊歩道のよさそうな場所を陣取りました。遊歩道からの眺めも悪くないですよ。
 ウルルの左側遠くには、オルガ岩群が見えます。うまくすれば両方を一緒にカメラに収めることができます。
 この場所からの朝日は、ウルルの背後から昇るのではなく、右側からウルルに朝日が当たっていきます。少しずつ陰影ができていくので、ああ、朝日が昇ってきたんだな、ってわかるのですが、夕日や、昨日の朝日を見た場所と比べると、変化がわかりづらく、おおお~という感動も少なかったです。
 それでも、ああ、今日でウルルともお別れと思うと、寂しさがこみあげてきました。
 Tさんはすでにチェックアウトを終えており、歩き残したリル・ウォーク(2キロ)を歩いてカルチャーセンターを見てくると言って、帰り道に途中で降ろしてもらっていました。空港バスが出るのは12時なので、時間は十分あります。私と息子は宿に戻り、軽く朝食をとり、荷物をパッキング。10:00にチェックアウトし、ショッピングセンターまで歩きました(巡回バスがまだ走っていない時間だったため)。
 カフェでお茶したり、ぶらぶらしても、まだ時間があります。宿に戻り、息子がやりたいと言っていたビリヤードをやることに(1回2ドル)。Tさんが戻ってきて合流。
 ヴァージンブルーのチェックインの混雑を避けるため、一本早い空港バスに乗ることにしました。まだカウンターは開いていなかったけれど、一番乗りでチェックイン完了。ゲートオープンまでは、Tさんや、同じ部屋になった日本人男性(同じ便だったのです)とおしゃべりして過ごしました。
 日本人男性はシドニーに着いた翌日には日本に帰国するため「もう使わないからどうぞ」と、『地球の歩き方』を一冊丸ごと私たちにくださいました!!!!ひゃあ~太っ腹~~ありがたや~~~。お名前も存じ上げていませんでしたが、ありがとうございました!! 
 そういえば今回の旅行の下調べには、地球の歩き方は全然見てなかったのです、私。ということで、シドニー丸5日間滞在という、残りの旅行でとても役に立つことになります。やっぱり個人旅行に地球の歩き方は必携ですよね。
 14:00発で、ウルルと別れ、飛行機はシドニーへ。17:30過ぎ、シドニー着。
 なな、なんと、息子の友達とそのお母様が、出迎えてくださったではありませんか!! 明日からの、土日2日間は一緒に遊ぼうと約束はしてあったのですが、今日はサプライズでわざわざ来てくださったのです。(友達は早く息子に会いたかったのでしょうね、ありがとう)。
 車でいらっしゃっていて、私たちが滞在する宿まで送ってくださいました。ああ~ありがたや~~。
 シドニーは、当たり前ですが、都会です。道も大混雑。荒野と岩山、夜は真っ暗闇のウルルを見てきたあとだと、別世界のように思えます。都会のネオンがまぶしいっ!
 宿は、朝食付きのロッジの、ツイン部屋を予約しました。シドニーには、B&Bはほとんどありませんので、ホテルかバックパッカーの宿かの選択になるようです。私が予約した宿は、建物が大きく、部屋数も多いので、朝食付きのバックパッカーの宿といっていいでしょう。ありがたいことに二段ベッドからはやっとまぬがれました(私が上段に寝ていた雫)が、水回り設備は部屋にはやはりなく、部屋の外で共同使用です。それでも、タオル、コーヒー&紅茶セット、電気ケトル、冷蔵庫、机、それに予備の毛布もあります~~(涙目)。あれ、これだけついてるなら、やっぱりB&Bに入るのかな?
 今まで泊まったバックパッカーの宿の中では、当然、一番豪華(汗)です。朝食(といっても簡単なものですが)が付いているのに、とてもお安いため、家族連れも多く、日本人の姿も見受けられました。ホテルは高すぎる、でもバックパッカーの宿はちょっと…という方にはちょうどいいんじゃないかな~と、私的には感じました。
 夜は駅まで歩き、中華料理をテイクアウト。中華レストランのテイクアウトなので、まずまずのおいしさでした。キッチンは使えないので調理はできませんが、ここのダイニングルームには電子レンジと給湯器が備えてあり、朝食用に使う食器や、紅茶とコーヒーパック、ミルクまで自由に使えたので、飲み物を買う必要がなく、とても便利でした。
 さあ、明日から最終日まで、シドニー観光です(#^.^#)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください