電子書籍出します

最近話題の電子書籍。Ipad、Kindle。使いやすのはどちらかなあ。新しい機種も出てくるのかなあ。私も欲しいなあ、と真剣に思っています。
 今までの本の形がいい、電子化がいいと、いろいろ言われていますが、私はどちらもいい面があるのだから、ふたつを自分のスタイルに合わせて、うまく使い分けていければいいのでは、と思っています。
 実際に出版された本の電子化についての議論がかわされていますが、私としては…原稿をそのまま電子化するほうに興味があります。なぜか。原稿を出版社に断られることのほうが多いからです(泣)
 断られていなくても、このお話はそれほど多い読者は望めないと思うものもありますし、試験的に書いてみたお話もありますし、自費出版のリスクを背負わずに、気軽に、そして安く、みなさんに読んでいただける場を持てるとして、電子書籍に可能性を感じました。
 いろいろ悩みましたが…えい、まずはやってみちゃえ!
ということで、初電子出版!!! いたしました!!!
「でじたる書房」さんにて出版です! 
念(おも)いのかけら
525円です。
 コーヒー一杯のお値段で、心の栄養、心の癒しをいかがでしょうか。
omoinokakerafront.jpg
中3の少女が「赤毛のアン」の舞台になったプリンス・エドワード島へ行き、死というものを知り、また、両親の離婚の真相を知っていく…というお話です。 ぜひ読んでみてくださいませダブルハート
「でじたる書房」は、本を読みたい人と、出版したい人とを結ぶ電子書籍の販売サイト。
1万冊を超える書籍が、ジャンル分けされていて、好きな分野から好きな本を購入できます。
 実際の本が届くのではなく、自分のパソコンで本のデータをダウンロードするシステム。ダウンロードすれば、いつでも、何度でも、好きな時に読むことができます。
 購入も簡単です。「カートに入れる」をクリックして、希望の購入方法(クレジットカード、ウェブマネー、BitCash/BitCashExなど)を選ぶだけ。
 購入していただいた私のお話を読むには、専用ソフト「でじブックリーダー」(無料)をダウンロードいただく必要があります。ダウンロードはその場で簡単、すぐ終わります。一度ダウンロードいただければ、今後はすぐに読め、他の作品も読むことができますので、お手数ですがダウンロードをお願いします。
 今のところ、ウインドウズ専用です。マックの方、申し訳ありません。今後検討いたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください