アンの記事「青春と読書」

先週20日、朝日カルチャーセンターで「アン風クリスマスパーティ」という講座をさせていただきました。

アンの時代のヴィクトリアン・クリスマスについてお話したあと、イギリス風のクリスマスケーキ(フルーツケーキのこと)と紅茶でティータイム。きれいに飾りつけられたテーブルでの記念撮影。

アン好きのみなさんが集まって、わいわい楽しいおしゃべりとなりました。いいですね、こういうなごやかで、少女のような雰囲気は。
私までうれしくなりました。
参加くださった方々、ありがとうございました。

今年の講座はこれでおわり。
来年から、読売文化センター北千住と恵比寿での講座をがんばりまーす! 毎月第二木曜日の午前(恵比寿)と午後(北千住)です。途中からも受けられますのでよかったらどうぞ~ダブルハート

新刊『永遠の「赤毛のアン」ブック』(集英社)、お買い求めいただいたみなさま、ありがとうございます。

この『永遠の「赤毛のアン」ブック』を書くにいたったいきさつや、アンの魅力を、エッセイに綴ってみました。

2008年12月20日発売になったばかりの「青春と読書」のカラーページ4ページに掲載されています。

「青春と読書」は、集英社の書籍を紹介する小冊子で、値段はついていますが無料で配布されています。
本屋さんのレジ付近に、ご自由にお持ちくださいって書いてあって、いろんな新刊案内冊子が並んでいますよね。あれです。
ぜひ本屋さんへ行って、もらってきて、読んでみてください♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください