子どもの卒業式

19日は子どもの卒業式だった。六年間通った小学校をついに卒業です。

六年間…長いですね。全然実感がないけれど、でもやっぱり、卒業なんですね^_^;

子どもの小学校の体育館には舞台がなく、組み立て式。
今年は体育館の真ん中に舞台を作り、コの字型に囲むように、保護者、先生、在校生(五年生)が座り、どこからでも卒業証書授与が眺められるようになってました。
鉢植えがきれいに並び、パンジーの匂いがたちこめて、爽やかでした。

卒業証書授与は一人一人です。授与のあと、保護者のほうを向いて感想を一言いいます。「中学に行ったら○○をやりたい」とか「六年○組、楽しかった」とか、それぞれです。

うちの子は…「中学行ったら勉強と部活をがんばりたいです」。ああ…平凡。そう言った子は何十人もいた…もっと印象に残るような気のきいたこと言えよお。

歌も…今は「仰げば尊し」は歌わないみたいですね。
「未来へ」と「旅立ちの日に…」という歌を歌いましたが、私はどちらもよくわからなかった…泣き笑い
いい歌だったけれど…でも、やっぱり卒業式には「仰げば尊し」でしょう…?! 伝統の歌はどこへいってしまったのでしょう。

子どもはすでに親と一緒に写真を撮りたがらなくなっていた。悲しい。それでも最後には映ってくれたけど(仙台の両親に送らなくちゃいけないしね)。

家に帰ったら雨がざーっと降ってきた。なんとかお天気がもってくれてありがたかった。

そのあと、主人の祖父のお墓参りに行って卒業を報告。お彼岸ですので、みなさんご先祖さまをどうぞ大切に。

4月に入ったら今度は中学の入学式です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください