京都行ってきました

福岡に用事で行った帰り、京都に寄って、ちょっと観光してきました。

今、日本庭園を調べているため、寺院の庭園めぐりです。

最初は自転車で観光しようと企画していましたが、連日の雪情報に恐れをなし、また、時間が数時間しかないこともあって、タクシー観光に切り替えました。

やっぱり、タクシーにして正解でした。行きたいところを効率よくめぐれるし、道に迷う必要もないし、案内してもらえるし、車の中は暖かいし。

タクシー観光は初めてでしたが、すっごくよかった!!
いちばん小さな車を予約していたのですが、大きい車が空いていたからと、大きい車が出迎えていたのです!
一瞬、私達を待っているのではない、きっと違うVIPを待っているんだと信じ切って、素通り。名前を呼ばれ、えええ~っ!!

代金の追加はいりませんということで、安い料金のまま、VIP待遇の広々とした車で、ドアの開け閉めまでやってもらい、まさにセレブ気分でした グッド

案内してくださったドライバーさんも丁寧で、無駄口はたたかず三歩後ろを影武者のようについて、いろいろ説明してくださいました。

京都でタクシー観光をしたい方、MKタクシーさんをお勧めします!
ルート↓
京都駅から、山陰線の嵯峨野線に乗り換えて、花園駅下車。
すぐそばにある「法金剛院」へ。ここには浄土庭園があります。

ハスの寺ともいわれ、ハスの花が咲く時期がきれいだということですが、残念ながら今の時期は何も咲いてません…。

ここの駐車場でMKタクシーさんと落ち合い、枯山水の庭園で有名な、竜安寺へ向かいます。

世界文化遺産に登録されているので、平日でしたがさすがに観光客はいっぱいいました。
サクラや、紅葉の時期がきれいだということです。が、もちろん、今の時期は何も咲いてません…。

そのあと、広沢池を通って、大覚寺へ。平安前期の庭園を見ることができます。

ここは旧嵯峨御所。嵯峨天皇の離宮だったところで、今も皇族の方々が訪れるそうです。建物も、庭も、立派でほれぼれします。

嵯峨野の田園風景を写真に撮りたかったので、嵯峨鳥居本とよばれる、景観保存地区へ行ってもらう。車一台通るのがやっとという狭い路地をくねくねぬけて、一ノ鳥居へ。

わらぶき屋根や町屋ふう民家が立ち並ぶ一帯は、昔話に出てくるような、古くて情緒豊かな町並みです。

わらぶき屋根の落柿舎、竹林の道を見たあと、天龍寺へ。後醍醐天皇の菩提をともらうために創建された。夢窓国師による座鑑式庭園があり、座敷に座って眺めると屋形船から眺めているように見える。

バックに嵐山をひかえる借景庭園でもあり、見事としかいいようがない美しさでした。

ここでタクシー観光を終える。2時間半。料金は一万円ちょっと。三人でわりかんして一人四千円程度。とっても安い。それに快適でした。
移動距離はそんなにないので自転車でも巡れたけれど、お寺をゆっくり観光していると時間があっという間に流れてしまうので、とても2時間半では回れなかった。時間がなく、慣れていない場所ではタクシー観光が絶対にいいと、実感しました。

天龍寺から歩いて渡月橋へ。途中で嵯峨コロッケを食べる。寒い日にはコロッケがおいしい! お土産屋さんをぶらぶらし、八橋入りどら焼きをお土産に買いました。てくてく歩いて、嵯峨嵐山駅へ。

こうしてあっという間に京都観光が終わりました。京都はまだまだ見所があるから、また来たい♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください