今日の映画

仕事が一段落したので、録画したままになっていた映画や、ケーブルTVで放映する映画を続けざまに(もちろん、一日中観ていたわけではない^_^;)観た。

さすがに疲れた、しばらく映画はいいかな。
日本映画では以下のものを観た。洋画については次回。

<県庁の星>
ほー、予想していたよりかなりおもしろかった。織田くんの変化がいいね。公務員や政治家の世界って、実際、こうなんだろうね。なんだかため息。

<博士の愛した数式>
数学が楽しくなってくるね、若いときにこういう先生に出会いたかった。(私は微分積分で数学に挫折…)

<ジョゼと虎と魚たち>
田辺聖子さん原作の映画化。といっても原作とはだいぶ違うらしいけど。私の好きな池脇千鶴ちゃんがヌードに!!! 妻夫木くんはラブシーンをやるんだねえ…。
って、そんなことはいいんだけど、ちょっと悲しくなっちゃう映画。でもイラストが使われていたりして雰囲気はかわいらしくてほんわかして、監督さんがうまいんだろうな~。

<メゾン・ド・ヒミコ>
「ジョゼ~」と同じ脚本家&監督作品。私にはその世界(ゲイ)のことはわからない…でも「人をいとおしむ」という意味では同じなんだろうな。
オダギリジョーさんがかっこいいと、話題になっているのは知っていたが、顔をよく知らず、この映画でまじまじと見て、はーっ、なんて美男子なんだろうとほれぼれとしてしまった。
玉木宏さんに通じるものを感じる…ジョーさんのほうがさらに色っぽいけど。
芝咲コウさんがブス役とは…説得力なし。二人の恋愛が高まるところもちょっと早すぎる気もするし、そういうことあるのかな、という気はしたが、なにはともあれ、ラストは気持ちがいい。
途中で出てくる中学生の男の子は…なんだ? 未来のゲイ??

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください