懐かしの給食

掛川にいる友達の家へ遊びに行ってきた。
コッツウォルズとターシャ・テューダーのNHK番組(録画)を見せてもらい、そのあと桜の名所といわれる桜ヶ池へ。

なぜ池に?? 以前、この池に伝わる龍伝説とお櫃納めの行事について聞き、私はピピピとインスピレーションがわいて短いお話を書いたのです(まだ売り込みも発表もしてないけど)。そういうわけで、実際の場所をまじかで見たいと思ったわけです。ちょうど桜の季節だし。

でも桜はまだ三分咲きくらいでした。池はすごく神秘的で、神聖な場所だということが感じられました。龍がいつ出てきてもおかしくないところ。

そのあと、学校給食を出してくれる料理店「がっこーにいこう!」に行った。

浜松にはこういうお店があるのかな?よくわからないけど、ラジオでこのお店のことをやっていたのです。桜ケ池から遠くない場所だったので試し行ってみることに。
お店は外観も内装も学校そのものです。懐かしいおもちゃも飾ってありました。

私が給食を食べたのは中学の三年間だけなのですが、だからこそ(?)給食の思い出は深く残ってます。
特に!! 苦手だった鯨肉。しょっちゅう出ましたよね~。このお店にもメニューがありました~~。もちろん、苦手だったのだから、頼もうとは思いませんでしたが、やっぱりみなさん、給食というと鯨なんですね~。

頼んだランチは、スパゲティ・ミートソース。
「スパゲティ」とは言わず「ソフト麺」というそうですが…ソフト麺って言葉を私(が行った中学)は使っていなかったので、ああ、この白くて太い麺をソフト麺というのだと初めてわかってなんだか当時は豪華に感じたミートソースが安っぽく感じられてしまったのは仕方のないことか??(ミートソースって大好きなメニューのベスト5に入っていたでしょ?!)

それと、給食につきものの牛乳。私の学校は三角テトラパックの牛乳でしたが、みなさんはどうでしたか? このお店では瓶の牛乳で、プラス、ミルメークという粉末を混ぜて飲みました。

ミルメーク、実は私は以前TVで見るまで知りませんでした。名古屋の会社が作っているらしいので、東海あたりではメジャーみたいです(全国展開しているらしいですが私がいた東北までは来なかったみたい)。
甘くて、子どもはこれ好きだよね~という味です。珈琲とかいちご味とか、いろいろあります(私は珈琲味を注文。コーヒー牛乳になりました)。
瓶牛乳じゃなきゃ混ぜられないので、パック牛乳の普及とともに消えていったのも仕方がないのかも。消えたといっても今でも販売されていて、けっこう人気あるようです。

味は…確かに、私が中学のときに食べたミートソースの味でしたよっ!!! なつかしいな~。
本当は…私が一番好きだったのは八宝煮なのですが…そんなのなつかしがる人はいないみたいで…メニューになかった(>_<)

デザートには、懐かしい冷凍みかんもありましたが、プリンにしちゃいました^_^;
ひさびさに昔を思い返して楽しい時間を過ごしました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください