NHKの朝ドラ

子どもが学校に行ってから、洗濯して干して、ほっと一息つくのが午前8時すぎ。朝からNHKのニュースをつけっぱなしなので、ちょうど8時15分からの朝の連続TV小説と重なる。

観たいわけでもないのだが、流れで自然と観てしまう。

それがもう何年も続いている。気に入ったドラマは数少ないが、私の中のヒットは『ファイト!』。主人公が高校生の女の子っていうのがよかった。超かわいかったし。

今のドラマは『純情きらり』。戦争のお話なので、うーん…と思った。戦争の話はかわいそうで、辛くて、観るにたえられない。

母を幼いときに亡くし、高校生で父を亡くし、そして戦争が始まって、婚約者を亡くし、婚約者の母親も看取る。という、主人公の桜子ちゃん。かわいそすぎる~、でも、話の流れだと、絶対に婚約者は生きて帰ってくるはず…。

と信じていたけど、夢枕に婚約者がたったからなあ…やっぱり戦地で亡くなってしまったのかも…。
なんてがっかりしていたら! やっぱり、婚約者は生きていました!!

先週の予告編で出てきたから、うれしくって! でも、そういう感動的な場面はだいたい週の最後の土曜日に出てくるんだよね、パターンとして。

ところが、なんと今日放映したんですよぉ!!!!
死んでしまったと思っていた婚約者と抱き合う桜子!!!
おおおっ、なんという感動的な場面でしょう(;_;) じんじんきてしまいました。

婚約者役の男優さんは、切れ長の目の、涼しげな顔立ちの人で、私は結構好きなタイプです。(^^ゞ
なぜかわからないけど、私の中のギルバートのイメージって、彼なんだよね~。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください