DVD『ナルニア国物語のススメ』

レンタルビデオ屋さんに行ったら、新作コーナーに、DVD『ナルニア国物語のススメ』(ハピネット・ピクチャーズ)というのを発見。
早速借りてきました。

アメリカで制作された、ナルニアの作家C・S・ルイスのバイオグラフィー(伝記的映画)です。
原題は、『C.S.Lewis & the chronicles of Narnia:The true story of the author of the classic tale of the lion, the witch and the wardrobe』。

どのくらいまで突っ込んであるのかと思ったけれど、子ども向けに、とてもわかりやすく、簡単にまとめてありました。映画の宣伝向け、ともとれますが、映画の映像はまったく出てこない。

アイルランドやイングランドなど、ルイスゆかりの場所の映像が出てくるのは、映画という媒体の魅力だが(それが楽しみで借りたようなものだし)、実際に現地へ取材に行ったのかどうかはちょっと疑問。というのも、止まった映像ばっかり出てくるのだ。もしかして借りた映像なんじゃ?という疑いが…。現地に行かずして映画を撮ったのであれば、ちょっと安易な作り方。

もし取材しているなら、もっといろんな映像を使ってほしかったです。だって、同じ映像を何度も使っていたりするんですから(ーー;) それも、静止映像…。

TVの『世界ふしぎ発見』みたいに、ナルニアの舞台になったであろう場所の、美しい映像とか、そういうのがいっぱいあるわけでもなく、本に載っていないルイスの写真があるわけでもなく、映像という武器を駆使して、動いているルイスの映像(講演とか、インタビューとか…)もなく、ちょっと、というか、だいぶがっかりしてしまったのは事実。

母方の祖父の家のドアノブが、ライオンの顔になっていたとか、生誕100年を記念して銅像が建てられたとか、知らなかった情報もいろいろあったけれど、もうちょっと、映画らしい、質のいいものを作ってほしかったなあ。

上手にまとめられてはいるのだが、好きな人にはちょっと不満も残る。(いくら定価が安いとはいっても…ね)
でも、こういう映画が多くの人に知られ、ルイスのすばらしさがもっともっと伝わっていけばいいのだと思う。

私、C・S・ルイスの伝記を翻訳させていただいています。子ども向けのわかりやすい本です。
『「ナルニア国」への扉 C・S・ルイス』(文渓堂)

ぜひ読んでみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください