『ナチュラル・ダイエット』


腸相という言葉をご存知ですか?

『病気にならない生き方』新谷弘実著・サンマーク出版に詳しい。

腸内環境ですね、要するに。
主人は以前、ある診断で、腸がよくないと言われたことがあり、それからずっと、腸内環境をよくするための努力を重ねてきたが、毎日の疲れが取れないし、体調もかんばしくないと悩んでいた。
整体に行ったところ、そこがとてもいい先生で、以後そこに通って、体のズレ、バランスが崩れていることや、食生活についてなど、いろいろ教えてもらっている。

この間、その先生から教えてもらって買ってきた本が、『ナチュラル・ダイエット あなたの常識をくつがえす3つの習慣』(ハーヴィー・ダイアモンド著、弓場隆訳、ディスカバー・トゥエンティワン)である。
全米で1200万部突破した、と帯に書いてあるように、アメリカでも、そして日本でも、えらく売れた本らしい。(今も売れているようだ)

ダイエット、と題についているが、書いてあることは、薬に頼らない健康な食生活の方法である。これは仰天するような内容の本だった。乳製品は健康によくないとか、野菜や果物がいいとか、新谷先生の本と同じようなことが書いてあるので、うなづける内容であるが、それよりもさらに、今まで常識とされ、教え込まされてきた「食事の基本」が、まったく意味のないものであるということがわかって、本当に「仰天」してしまったのだ。仰天したけど、理論を読んでみると、ちゃんと実験し、結果が出ている研究をもとに、きちんと書かれてあるので納得せざるをえない。

朝食はしっかり摂る必要はないとか、カロリー計算は意味がないとか、肉よりバナナのほうが良質のたんぱく質であるとか…。それ聞いただけでもええ!って思うのに、読んでいくうちに、30品目食べろとか、いろんな食材をバランスよくとか、そんなことはまったく意味がない、ということがわかってきた。

とにかく、今までの食事はなんだったのか???と、呆然とすると同時に、なぜ、このような正しい情報がきちんと伝えられてこなかったのか、ということに怒りさえ感じられる。
それぞれの食品を「売る」側からすれば、ありがためいわくな情報ではあるかもしれないが、「売る」側はもっと、その食品を「食べる」側の健康をもっと考えるべきだと思った。消費者のことを考えた食品を買うことの重要性をまたまたあらためて思い知ったのである。

この本は、ベジタリアンになれとか、好きなものを我慢しろとか、そういうことは一切言っていない。要するに、体や食事にはサイクルや原理があって、私たちはそれを知って、食べ方なり、購入方法を臨機応変に変えていけばいいのである。
間違った考えで、間違った食事の方法をとっていただけなのだ。正しいと信じて食べていたものが原因で病気になってしまうなんて、やりきれない。だからこそ、しっかりとした知識を持つ必要があるのだろう。

私は、ずいぶんと健康や食べ物にこだわっていると思われるかもしれないが、私は病気をせずに、楽しく笑って、自分のできることをくいを残さずやっていきたいと思っているだけである。
それには健康な体でいなくてはならないから、そして、体を維持するために食事をしなくてはならないので、必死であれこれ調べているわけである。

若いときは、若さでどうにか乗り越えられたことも、今はやはりできない。子どももいる。子どもの成長には責任がある。健康が、何よりの興味のある分野になってしまった。

本当は、食事のことを考えたり、作ったりすることはあんまり好きではない。どうして人間は食べなくちゃ生きていけないんだろう、と、ずっと思ってきた。食べずにいられるなら、ずっと本を読んだり、案を考えたり、原稿を書いたりしていたいのに、と。私の場合、食の喜びよりも、創作の喜びのほうがうわまわっている。

もちろん、食べずにいられるわけはないし、おいしいものを食べる喜びを捨てようとは思わないが、世界には、何も食べず、水も飲まずに何十年と生きている人がいるんだと聞くと、ちょっとうらやましいと思ってしまう私です(^_^;)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください