浜松周辺のスコーン その2

前回に続きスコーン探索、浜松周辺の続きです。

こちらは菊川市にある「カフェ&ダイニング ココペリ」さんのスコーン。
スコーンの販売は土日のみ。売り切れると嫌なのでインスタグラムから予約して行きました。


(ちょっと写真を加工してみた(^-^;)

そして↓ こちらは、浜松市に5月にオープンしたばかりの「ベイクショップ スコット」さんのスコーン。
スコーン仲間(スコーン好きのお友だち)から教えてもらったお店です。
店名は、スコットランドの”スコット”かな??それだったら、スコットランド好きの私としては嬉しいなー。

スコットさんは日曜のみの営業。とても人気があり、お昼過ぎには売り切れてしまうそうです。
たまたま、インスタを見ていたら、売れ残っている感じだったので、メッセージを送ったら、取り置きしてくれるとのこと!!!ラッキー(#^^#)

何種類かありましたが、やっぱりまずはプレーン。
個人的には、やっぱり、イギリスで食べた、丸い、オオカミの口のあるスコーンが好きです。

まずそのまま食べてみて、スコーン自体の味を見て、何かつけたいなと思ったら、メープルシロップをつけるくらい。
ごくごくたまーに、生クリームがある時は生クリームをつけることも。

イギリスではクロテッドクリームとジャム(イチゴやラズベリー)をつけて食べますが、でも、みんながみんな、そうではありません。
バターだけつける方も多いんですよ。
生クリームや、サワークリームや・・・・

自分の好きな食べ方、おいしいと思う食べ方がいちばんです。

浜松周辺のスコーン その1

スコーンが大好きなので、売っているお店があると聞くと買いにいきます。
以前も、浜松周辺のスコーンを紹介させていただきました。

その後もスコーン探索は続いています(^^ゞ

ガーデンカフェ ハックベリー」さんには、自家製スコーン&ジャムBOXがあります。

味の違う5種類のスコーンとジャムのセット。お皿に並べてみました♪

そしてこちらは ↓ 人気の「カジュアルフレンチレストラン ポーズカフェ」さんのスコーン。
ランチには何度か行っていますが、スコーンがあるとは知りませんでした。
レジの前に並んでいたのに、気づかなかった!!(笑)

数種類の味がありましたが、私はプレーンと抹茶を。
お皿に並べてサンドイッチも乗せてみた!ちょっとリッチ♪♪

そして、「シャトレーゼ」さんにもスコーンがありました。
写真はキャラメル・スコーン。

一口にスコーンといっても作り手によって全然表情が違うんですよね。
いろいろ食べる中で、自分の好みもわかってくるので楽しいです。

(つづく)

がちゃがちゃ(おもちゃ)

こまこまとした、小さな雑貨が大好きです。
断捨離中なので、だいぶ処分しましたが、どうしても処分できないものはたくさん(;^ω^)

大人になっても、かわいいものはやっぱり、かわいいし、買ってしまうこともたびたび(笑)

そんなふうに、つい、買ってしまうのが、がちゃがちゃ
がらがらポン、をするのが楽しいという方もいらっいますが、私は単純に、中に入っているものが欲しいからやるのです(^▽^;)
正式な名前は「カプセルトイ」というんだそうですが。

つい先日、がちゃってしまった「シマエナガさん」。
ただの飾りものじゃなくて、コードカバーって書いてありました。
シマエナガ、大好きなんです。かわいい!!!
インスタグラムも、シマエナガを撮っている方をばんばんフォローしてます(^^ゞ

がちゃって、自分が欲しいものが一回で出てくるかはわからないじゃないですか。だからといって、欲しいものが出てくるまでやり続けるほどのお金はもったいない。

なので、私は一回しかやらないと決めている(笑)
どれが出てもいいな、って思うのだけ、やります。
このシマエナガさんも、欲しかったのは別のデザインでしたが、これはこれでかわいいので、1回で終わり。

大型ショッピングモールで、撤退してしまったお店のところに、誰も入らないからか、がちゃフロアになっていたんです。
ずら~っと、がちゃマシーンが並んでいるさまは圧巻ですね。
欲しいものがあるかな~って、眺めて回るのも楽しい。こういう時間はまったく無駄だと思わない私(笑)

家の中にあるがちゃを探してみました。

右側上下2つは、イギリスの製粉メーカー「Homepride」のマスコットキャラクター「フレッド君」。
私、この子が大好きで、地道にコレクションを増やしている・・・(^^;
そのコレクションについてはまた今度!

特に気に入っていて、絶対に手放さないと決めているのが、

アニメ「パンダコパンダ」のお父さんがちゃ。
長くつ下のピッピのように、一人暮らしのミミ子。そこにやってきたパパパンダと子パンがやってきて、一緒に暮らし始めます。
このアニメは40年ほど前に作られたもので、私は小さい頃に観ましたが、すぐに夢中になり、今に至る(笑)
ピッピのアニメ化がとん挫したことで、オリジナルで作られた、とのことですが、頓挫したおかげで、日本版ピッピができたんですね。

今もグッズが出ているので、安定的に人気があるアニメなんだと思います。

そして、私が初めて(?)何回もがちゃったのがこちら。

赤毛のアン」のアニメ版のがちゃです。
私は赤毛のアン関連の本を何冊も出させていただいておりますので・・・
講座の時にみなさんに喜んでもらえるかも、と思って4回ほどやりました。
珍しいと言われる透明アンも出てきたのですが、それはお友だちに差し上げました。

赤毛のアンの講座は、ご依頼をいただければ静岡県外でも、今まで出張して何度もさせていただいてきました。
コロナ禍で県外へ行く機会もなくなってしまいましたが、収まった頃にはまた行きたいなと思っています。
早く、コロナが収まりますように。

 

 

宮城のずんだ餅!

コロナ禍で、楽しみはやっぱり食べることですよねぇ(笑)

以前の日記で、セブン-イレブンのずんだ団子について書きました

実は、浜松には、この浜松には!
本場のずんだ餅を売っているお店があるんです!!
もずっこ」さん
もずっこ、というのは、宮城弁でお餅のこと。

ご主人が宮城県出身とのことで、お米も宮城から取り寄せているとか。
だからでしょうか、申し訳ないですがお餅専門店のものよりも、お餅自体もおいしく、
ずんだたるや、何個でも食べられてしまうほど。
甘ったるくなく、枝豆のおいしさをつぶしていないし、つぶつぶ感もちゃんと残っています。

もずっこさん、金・土・日しか営業しておらず、
場所が、私が通り慣れていない道にあるため、長くご無沙汰していましたが、
先日、やっと行くことができ、念願のずんだ餅を買ってきました!

この色~!!着色料は使っていませんよ、もちろん。

他に私のお気に入りは胡麻とくるみで、それも買ってきました。

あ~~~~やっぱり、ここのは別格においしい~~~(≧▽≦)
わざわざ買いに行く価値ありなんですよねー。

餡だけも売っているとのことで、ずんだ餡も買ってきて・・・
そのまま食べてもいいのですが、冷凍してあった米粉パンにつけて食べてみたら・・・
これがまたおいしい~~~。

米粉パンは、以前も日記でご紹介したゴルマールさんの100%米粉パン
小麦アレルギーのある方や、グルテンフリー(私もできるだけそれを目指しています)を心がけている方にはぴったりのパン。

100%米粉なので、見かけはパンですが、食べるとお餅!!でもパンの食感もあって、不思議なんです。
プレーン派の私は、そのまま食べることも。海苔も相性いいです。

普通の大きさのパンしかないと思っていたら、お友だちから小さいサイズの米粉パンをいただきました。
歳を取ってくるとそんなに食べなくなるので(^^; この小さいパンがものすごい手軽で食べやすくて!!
気に入ってしまいました。(写真ではどのくらい小さいのかわかりづらいですね(-_-;))

昔、カナダのプリンス・エドワード島に住んでいた時、スーパーに売っていたのは小さいサイズの食パンでした。
イギリスでも、朝食に出てくる食パンは小さくて、それを半分に切ってトーストして出してくれます。

サンドイッチ用らしいのですが、この小さいサイズの食パンが、私にはとっても使い勝手がよくて。
どうして日本にはないのかな~って、ずっと思っていました。(でもないから諦めた)
お友だちがくれたこのちいさい食パンがすごくうれしくて、これから自分でも買ってみようと思いました!

お寺の中でごりやくランチ

昨日の日記のつづきです。

お茶団子をありがたくゲットし、予約していた「ごりやくカフェランチ」へ。

「ごりやくカフェランチ」は、法多山尊永寺内、普段非公開の「一乗庵」で
土・日・月とご縁日にだけ開かれています。

静かな日本庭園を通って・・・向こうの建物が会場です。

和室ですが、椅子とテーブル席が並んでいて、ほっとしました(正座が苦手な私・・)。

コロナ対策で窓は開けてあり、窓からは庭園が眺められ、気持ちが落ち着きます。

ランチは1日20食限定だそうです。
旬の食材と地元の食材を使い、農薬や添加物はできるだけ使わないように心がけているとのこと。

家庭料理のような、やさしい味わいでおいしかったです。
法多山の名前が入った割りばし。持って帰ろうと思ったけど、家にたくさん割りばしがあるのでやめておきました(;^_^A

ランチのあとは人もまばらになり、カサのアート展示のところも写真が撮りやすくなりました。

本殿へ向かう通路は、風鈴の通路になっていました♪

梅雨はまだ明けませんが、もうすぐ夏ですね!
すでに気温は夏みたいに高いので、風鈴の音色が気持ちだけでもさわやかにしてくれました。

おいしいものおもしろいもの24お茶団子

以前、袋井市の法多山尊永寺厄除け団子で、季節限定の桜団子をゲットしたことを書きました

限定の厄除け団子は、桜だけでなく、お茶もあります。
お茶団子は、毎月一回、販売しているので、それほど混んでいないよ、とお友だちから聞いたので、先月、思い切って行ってきました。

それほど混んでないとの言葉に、家を遅く出て、着いたのは10時。
大丈夫だろうと思って歩いていたら・・・・あああ・・・行列が出来ている・・・。
お茶団子を求める人たちの列でした・・・(;O;)

桜団子の時に並んだ場所よりもさらに後方だったので、もう無理だなとは思いましたが、だめもとで並んでみました。

桜団子の時は9時に到着していて、50分くらいで買えました。
さて、10時に並んで、どのくらい待つのか????

この時期はアジサイが目を楽しませてくれます。
アジサイと同じ色をしたカサのオブジェというか、アート作品(?)が展示されていて、こういうのを見ながらだと待つのもそんなに苦になりませんね。

残りあと800個です、とのアナウンスが流れ、うう~ん・・・難しいか・・・
それでも誰も列を離れず(^^;

列はだいぶ進みましたが、まだ販売所は見えてきません。
そのうち、あと500個です、のアナウンス。
諦めようか、いや、ここまで来たのなら・・・

やっと販売所が見えて来て、あと150個とのアナウンス。
前に並んでいる人数を数えてみる。ギリギリ買えそうな、買えなさそうな。

販売所の前にも、カサの天蓋が。ビニール傘もこんなふうにアートになるんですね。

厄除け団子は、いくらたくさんの人が並んでいても、購入個数の制限がありません。一人がたくさん買っていったら、順番は回ってこないな・・・。

すでに並び始めてから1時間20分。(本を持っていってよかった!)

普通の白い団子も売り切れてしまっていました。な、なんで?
白い団子はお昼頃からまた販売するそうですが、もちろんお茶団子はこれで終わり。

幸運にも!!!!ギリギリで買えましたぁ~(≧▽≦)
よかった~~~。
もう5分遅れていたら買えなかったかも、というくらいのギリギリでした。

お茶に合わせて、箱の色は緑です。


お茶の味がしっかりしていて、お茶だ!って感じです(笑)
私的にはプレーンがいいかなあ、やっぱり(プレーン派)。


ここの厄除け団子はあんこがね、おいしいんです。甘ったるくなくて。

残りは、秋の栗団子
また早く来て並ぶか・・・・?
全種類制覇したい気はするけれど――。

ランチの予約時刻(11:30)に間に合って、本当にほっとしました。
ランチは、法多山境内の「ごりやくカフェランチ」。
一度いただいてみたかったので、早くに予約しました(すぐに満席になってしまうので)。
ランチについては次回。

おいしいものおもしろいもの23 台湾メロンパン、マリトッツォ

昨日につづき、食べ物の話が続きます(^^;
先の日記で、台湾カステラのことを書きました

台湾が大好きなので、台湾とつくと、ピピっと反応してしまいます。

先日は、ヤタローさんの工場直売店に立ち寄った際、
台湾メロンパン」なるものを発見し、もちろん、買ってみましたよ~(≧▽≦)

ヤタローさんは、「シャンボール」というパン屋さんやレストランを運営しているほか、「治一郎」というバウムクーヘンのブランドもてがけています。

工場の敷地には直売所があって、バウムクーヘンの切れ端や、パンやお菓子がアウトレット価格で買えるんです。
グルテンフリーを心がけながらも、時々はここに寄って、おいしいものを色々買ってしまいます( ̄▽ ̄;)

台湾メロンパン」の話です。
ぐぐってみると、メロンパンに、厚切りバターがはさんであるもので、
もともとは香港発祥のスイーツだとか。
タピオカドリンクに続く新しいスイーツとして日本で流行り始めたみたいです。
私は流行にうといので(笑)初めて聞きました。

でもヤタローさんの台湾メロンパンには厚切りバターが見えるようにはさまっていませんが、
切り込みからバターを入れているのはわかります。
あと、表面に塩がちょこっとまぶしてあるので、あまじょっぱいです。

普通のメロンパンより高いけど、また食べたくなる魅力が・・・(^^;

もうひとつ、話題のスイーツを発見。
マリトッツォ」。
マリトッツォとは、ブリオッシュのような軽い食感のパンに、たっぷりのクリームをサンドしたイタリアのスイーツ。

こちらも私、一度も食べたことがなかったので買ってみました。
スーパーでも見かけてはいましたが、生クリームあるいはホイップクリームがたっぷり入っているのが、老齢の私には胃が痛くなりそうで(笑)
手が出ませんでした。

ヤタローさんのマリトッツォは、さっぱりとした豆乳クリームを使用、と書いてあったので、これなら!と。

確かに、くどくなくて、ペロッと一個、食べちゃいました(;^ω^)これは好み~♪

私が行った時はプレーンしかなかったのですが、ブルーベリー味もあるとか。
ブルーベリー味も今度あったら食べてみたいです。

こうやって、スイーツの投稿をよくしているので、私が毎日スイーツをパカパカ食べていると思われているみたいです(;^ω^)
毎日食べてたら太ってしまいますし健康にもよくないので・・・自分で調整しながら、ぼちぼちといただいているのですよ。
だいぶ前に食べたものを思い立って投稿したりしています。

台湾カステラめぐり

以前、台湾カステラを初めて食べて、感動したことを書きました

浜松でも、数は少ないですが、台湾カステラを売っているお店があります。

「はままつラスク」で有名な「モンターニュ」さん。

カットしてない大きな状態で売っています。きれいな箱に入れてくれました。

そして、佐鳴台にある「中華レストラン四季」さん。


初めて行きました。せっかくなのでランチをいただき、ランチに付くデザートを台湾カステラにしました。(テイクアウトもできるそうです)
飲み物はセルフで好きなドリンクを選べるとのことで、紅茶を選びましたが、席について最初に出してくれたお茶は烏龍茶で、おいしかった~。

もう一店舗は浜松に今月オープンしたばかり、台湾カステラ専門店「PULLF(プルフ)」さん。


私はまだ行ったことがないので、写真は静岡店のほうで買ってきたプレーンとミルクティー。
モンターニュさんほどではないけれど、割と大きなサイズで売っています。

やっぱり、私はプレーン派だなということを実感。

台湾カステラは、お店によってふわふわ感も印象もかなり違うので、それも楽しいですが、個人的には、以前の日記でも書いた「台湾甜」さんの台湾カステラが好みかな~。
東海地区にお店ができてくれないかなああ~~~(;O;)

ピーターラビットも紹介しています

今日7月1日は、カナダの建国記念日「カナダ・デー」です♪
毎年この日が来ると、名作『赤毛のアン』の舞台カナダのプリンス・エドワード島に住んでいた頃を懐かしく思い出します。住んでいた経験をもとに、赤毛のアン関連の本を何冊も書かせていただきました。私の第二の故郷です。
また帰りたいな~という思いでいっぱいです。

さて、映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が全国で上映されていますね!
私はまだ観ていないので、これからです♪

映画のピーターラビットは、絵本のピーターラビットにインスパイアされたオリジナルです。
そう、もともとピーターラビットは、英国で生まれた絵本でした。

私の著書『図説英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)では、
オリジナルのピーターラビットをはじめ、英国のファンタジー物語の誕生いきさつ、作者ゆかりの場所、
映画ゆかりの場所などをカラー写真たっぷりに紹介しています!!

ハリー・ポッター
不思議の国のアリス
ナルニア国シリーズ
ピーターパン
秘密の花園
くまのプーさん

・・・・・などなど

見ているだけでも楽しいので、ぜひ、一冊お手元に置いていただけたらうれしいです!!

サイン入りでお送りできます。自分用に、プレゼントに、いかがでしょうか。
お問い合わせ、お申込みはお気軽にどうぞ(*^▽^*)

春華堂のスイーツバンク

先日、浜松市に新しくできた「スイーツバンク」に行ってきました。

うなぎパイの製造元・春華堂が手がける施設。
春華堂は、浜松市にすでに「nicoe」という飲食施設を経営しており、さらにこのスイーツバンクをつくったということで、どんだけ広げるの~??と、大いに話題になっているのです。

しかも、このスイーツバンクは、田村淳さんを起用したCMまでテレビで流していて、かなり力が入っています。CMはこちらで見れますよ。

なにしろ梅雨ですから(^^; 行った日も雨。
写真でおわかりのように、建物はテーブルと椅子になっていて、これは家族団欒の象徴であるダイニングテーブルを13倍にスケールアウトしたものなんだそうです。

隣りは信用金庫になっていて、信用金庫の前には赤いブタのオブジェ。
これもかなりでかい( ̄▽ ̄;) でもかわいい。
隣りが銀行だから名前に”バンク”がついているのかな???

エッグスタンドや、ティーポット、ティーカップ(周りに人がたくさんいたので写真が撮れなかった(-_-;))なども、13倍に合わせて大きくしているようです。

建物の中には、春華堂のお菓子を販売するショップと、カフェ&ベーカリー「とらとふうせん」があります。

nicoeを知っているので、nocoeと何が違うのかという話になるのですが( ̄▽ ̄;)
まあ、建物がおもしろいのと、ここオリジナルのお菓子があるということでしょうかね。

雨でも人がいっぱい。順番を待って、カフェでお茶をしました。

こんなかわいいブースに案内されました。色がパステルカラーで、私たちの席はピンクのブース。

小窓から、巨大なティーポットが見えました。

メニューはそんなに多くありません。これはとらとふうせんのオリジナルブリオッシュを使用したフルーツジェラートサンド
私は紅茶を頼んだけど、マグカップに入ってきた(^^;
ミニブリオッシュがかわいいし、お味もさすが春華堂、おいしかったです。

驚いたのはトイレ!!

↑ これ、トイレです!キッチンを再現していて、あまりのかわいらしさにみんな写真を撮っていました(笑)

ショップで買ったのは、フルーツおはぎと、レモンケーキ。

生菓子もありました。せっかくなら、カフェで生菓子を食べられるようにしてくれればいいのに。テイクアウトって、ごみが増えるし、夏は暑くて避けたいし、持ち帰る途中で形が崩れる可能性もあるのでね・・・SDGS考えてほしいな。