雑誌VERYでご紹介いただきました!

雑誌『VERY』2022年2月号で、『すてきなタータンチェック』を紹介していただきました(≧▽≦)

「こども向け本」でママこそ、おうちリカレント
という特集ページで、
丸善丸の内本店 兼森理恵さんがリコメンド! してくださいました(●^o^●)
うれしいです~~~~。
ありがとうございます(*^^*)

お子さんへのプレゼントに、自分へのご褒美に。
私からサイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

豪華なモーニング♪洋と和と

朝ごはんは食べない習慣がついてしまいましたが、”モーニング”という言葉にはぐぐっと心をつかまれますね。

昨年、東京の銀座で、和紅茶旅のセミナーをさせていただいた時、主催者の木谷さん、ヘルプの中台さんと、かの有名な「bills」の朝食をいただいてきました!
セミナー会場の土屋ショールームさんから歩いてすぐです。
木谷さんが予約をしてくださって・・・ありがとうございます(;O;)

オーストラリアのシドニー発のビルズ。
私は初・ビルズです! 銀座店はビルの上階。明るいです。

クラシック・ブレックファスト。
まずはスムージー。そしてオリジナルのシリアル。こだわりの材料。見た目は普通ですが、すっごくおいしいんです。

来ました!イングリッシュ(いや、オーストラリアだからオージーですね(;^_^A)・ブレックファスト。ベーコン、マッシュルーム、スクランブルエッグ。
2002年にニューヨークタイムズ紙が世界一と称したスクランブルエッグ。
コクがあって卵そのものもいいものなんでしょうね!

来ました!スクランブルエッグよりも、今はこちらのほうが有名なのでは??
リコッタ・パンケーキ。

もう、ふわっふわです。口の中で溶けます。くどくないのに濃い味で・・・今まで食べたパンケーキの中で一番おいしいかも・・・と、しみじみ感動してしまいました。
もう一枚、いやもう二枚、食べたくなっちゃいます(^^ゞ

 

そして・・・・
場所は変わって、私が住む浜松の、豪華なモーニングは・・・

お友だちから教えてもらい、一緒に行った、会席料理店「碧」さんの朝会席膳。
和、です。今年できたばかりのお店。

もうね、これが出てきた時は感動でした!!!
小鉢がたくさんで、いろいろ食べれる!!器も全部すてき!!!

この湯豆腐がまたおいしくて、おいしくて!!!豆乳でゆでているとのことで、最後まで飲み干しちゃいましたよ。

ごはんのおかわり自由とのことで、おかわりしちゃいました!!
いっぱい食べて、元気もりもり。コロナも吹き飛ばします!(願)

季節ごとに、行きたいと思わせてくれるお店です。

碧さんは 庚申寺の門前通りにあります。
山門の屋根には、四猿(不見猿、不聞猿、不云猿、宝珠猿)がいるとのことですが・・・

見ざる、言わざるしか見つけられませんでした・・・まぶしくて(笑)
今度ちゃんと見てみます。

 

 

 

「mr partner」さんでご紹介いただきました♪

消えたブログ(2021年3~12月)を、コツコツと、思い出しながら再び投稿しています。
記憶がはっきりしている(笑)12月からはじめ、今、やっと6月までいきました。
あと、3か月分がんばります!
読者登録してくださっている方には、いくつも記事アップ(過去分)のお知らせがいきますが、ご了承ください<(_ _)>

そして、いずれ解約する予定のこのブログ、同時進行で次のブログにも投稿しています。
新しいブログはグーグルのBloggerになります。よろしかったらこちらをお気に入り、ブックマークに登録お願いします。
https://mikiokuda.blogspot.com/

さて、英国好きなら知らない人はいない雑誌「mr partner」。
英国関連の著書を多数出されている井形慶子さん(何冊も著書持っています!!)が編集長をされています。

最新号の「mr partner」は、スコットランドの島特集。
スコットランドは時々、特集にあがります。
今回はシェットランド、オークニーをはじめとする島々が美しい写真とともに紹介されています。
私は、スカイ島にしか行ったことがないので、うわ~~~うわ~~~と、感動ばかりでした。

右側の号は、ちょうど2年前の、スコットランドのテキスタイル特集。大好きなタータンの話題もありました~(≧▽≦)

さて、最新号のブックコーナーで、拙書『すてきなタータンチェック』(福音館書店)をご紹介いただきました(●^o^●)

大人が読んでも楽しい出来栄え、と評価いただき、嬉しい限りです!!!

子ども向けにわかりやすく書いてあり、穂積和夫さんのイラストが満載。
見ているだけで楽しいですよ♪ ハードカバーになって、保存版になりました。

ぜひ、お買い求めくださいね。
私から、サイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

 

残席わずか1/28和紅茶セミナー@浜松

すでに、申し込みが始まっています(●^o^●)
和紅茶のテイスティングセミナー

お菓子と一緒のティータイムに、お土産まで付きますよ。
公共施設でのセミナーのため、お得な参加費となっています。

『日本の紅茶「和紅茶」の魅力・楽しみ方を学ぼう』

2022年1月28日(金)
13:00~14:30
会場:浜松市引佐協働センター 1階プレイホール
浜松市北区引佐町井伊谷616-5

材料費:1,500円(試飲用の和紅茶とお菓子、お土産用和紅茶付)
先着順となります。残席わずかです。
申し込み締め切りは1月14日です。お申込みお待ちしています♪

*写真はイメージです。

栄中日文化センターさんでセミナーさせていただきました

記事の予約投稿が消えてしまい(>_<)、アップが年を越してしまいました・・・( ;∀;)

11月、12月と、名古屋の栄中日文化センターさんでセミナーをさせていただきました!一日講座でしたが、多くのご受講をいただきました。
心より感謝申し上げます。

テレビ塔のある久屋大通りに面した、絶好の立地。
名古屋は本当に久しぶりです。11月に行った日は割と暖かだったので、お弁当を買って公園で食べました。

11月は和紅茶のテイスティングセミナーをさせていただきました。
レクチャー→5種類の和紅茶のテイスティング→ティーカップで淹れた紅茶とお菓子でティータイム
という流れで、1時間半、めいっぱいで、写真を撮る余裕がまったくありませんでした・・・( ;∀;)

12月は不思議の国のアリスのお話。
レクチャーだけなので今回は写真が撮れました(#^.^#)

ちょうど、浜松に「水曜日のアリス」のお店が期間限定で出店していたため、アリスグッズをいくつか購入して展示もさせていただきましたよ。

11月には、松坂屋百貨店で行われていた「リアルオーガニック・ナチュラル®フェア」でお買い物もできました。
買うつもりはなかったのですが・・・・(^▽^;)

オーストラリアの、何度でも使えるミツロウ・食品ラップ。
手の温かさなどの熱が加わるとやわらかくなって、折り紙みたいにいろんな形が作れるのがおもしろいと思って。
洗って何百回も使えるそうです。SDGs!(^^)!
もったいなくていまだ使っていませんが・・・。

そしてモンゴルの羊毛フェルトで作られたヒツジさん。顔を見ていたら連れて帰りたくなりました(^^ゞ

笑っているんですよ♪♪

こうやって、雑貨の写真を撮るもの大好きです。

2022年もよろしくお願いします

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も精一杯がんばっていきますので、よろしくお願いいたします。

年賀状は2年前からやめておりますため、SNSでのご挨拶にかえさせていただきます<(_ _)>

***重要なお知らせ***

昨年12月21日に、このブログのレンタルサーバーのデータベースアップグレードを行いましたところ、2021年3月~12月までのブログが全部、消えてしまいました・・・・
いつも通りにブログを書いたりしていただけで、何もいじってはおりません。
頭が真っ白になりました。

読んでくださっている方はご存知の通り、私はブログを自分の行動記録と物忘れ防止のために、丁寧に、長く((;”∀”))書いています。
今年もかなりの投稿をしましたが、それが全部失われてしまいました。それも、なぜか3月以降のものが全部。

レンタルサーバーに問い合わせて言われた通りのことをやりましたが、復旧しませんでした。プロの方に頼んで調べてもらっても、データベースにその期間のデータが残っていないのでどうしようもできないと言われました。

何日も検索しては自分で試しましたが、復旧しませんでした。諦めるしかないとの結論に達しました。

こんなことなら、アップデートしなければよかったです・・・。

幸いなことに、フェイスブックインスタグラムのほうには、とても簡単に同じ内容を投稿していたので、それを見ながら、ブログを書き直すことができます。

心が折れてしまい、すっかり気力を失ってしまっておりますので、いつそれができるかわかりませんが、少しずつ進めていきます。

これからも今まで通り、おつきあいいただけますと幸いです。

美しいドレス図鑑に、イギリス関連本…

空いた時間に、ちょこちょこ、読書。
今年出た新刊、どれも興味深い。

★『写真でたどる美しいドレス図鑑』(河出書房新社)

エリザベス女王からバレンシアガまで。モードとエレガンスの400年。
時代を代表するドレス約100点の生地、形、装飾、細部まで徹底解説!

と帯にあります。オールカラー!!!これは豪華版ですね!
保存状態のよい、各時代のドレスの全体像が掲載されていて、当時の流行や誰が着ていたのかの推測などなど、細かい説明も読んでいておもしろいです。

私の好きなタータンのドレスも2着、紹介されていましたよ♪
その一つはヴィクトリア時代のもの。そう、ヴィクトリア女王はスコットランドびいきで、スコットランドに建てたお城・バルモラル城の中では、タータンを存分に使いました。インテリアや女官のドレスにまで・・・

 

★『British Savoury Baking イギリスの古くて新しいセイボリーベイキング』(内外出版社)

宇都宮で英国料理教室を主宰されている安田真理子さんの新刊。
以前出された『BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子』は実はサイン入りで持っているんですよ(≧▽≦)

セイボリーというのは、甘くない、総菜系という感じで使われます。
甘ったるいお菓子が苦手なので、この本に載っている、総菜系のお料理はすごく興味があります。
私は料理をするのが好きではないのですが(笑) 写真を見ていたら食べたくなって、作ってみようかな、と思ってしまいました。

 

★『英国式アフタヌーンティーの世界』(誠文堂新光社)

予約の取れないサロンで有名な藤枝理子さんの新刊。
『もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?-英国流アフタヌーンティーを楽しむ エレガントなマナーとおもてなし40のルール』も、『ようこそ、アフタヌーンティーへ 英国式5つのティータイムの愉しみ方 』(どちらも清流出版)も、他のも、ほぼ読んでいます!!

イギリス発祥のアフタヌーンティーですが、日本の茶道にも通じるものがあるとして、マナーだけでなく楽しみ方も書いてくださっているのがいいですね。

日本国内で味わうティープレイスも参考になりました。

今年の新刊といえば、私の本も出版になっています(●^o^●)

★『すてきなタータンチェック』(福音書書店)

月刊誌「たくさんのふしぎ」で刊行されたものですが、おかげさまで好評をいただき、このたび、ハードカバーになって生まれ変わりました!!!

「たくさんのふしぎ」のほうはすでに売り切れですので、ぜひこちらをお手元に置いてくださいね。
子ども向けにわかりやすく書いています。大人の方にも気に入っていただいています!!
私からサイン入りでお送りすることが出来ますので、よろしくお願いします(*‘ω‘ *)

クリスマスケーキとアドベントカレンダー

クリスマスいかがお過ごしでしょうか。

子どもが小さいときはクリスマスケーキを自分で焼いていましたが、今は主人と二人なので・・・
コストコでクリスマス・ケーキを買ってみました。

量が多いのはわかっていましたが、主人が食べてくれるので・・・お任せします(^▽^;)

柔らかすぎて、切ってお皿に盛り付けることができません(;”∀”)
ので、ティーカップに盛り付けてみました。
クリスマスバージョンのショートブレッドも今日食べなくてはね。

そして、こちらもコストコで買った、キャス・キッドソンのコスメ版アドベントカレンダー。
ほぼ化粧しない私なのでコスメのアドベントカレンダーは、お茶会でみなさんにお見せしたいと思って購入。

数字の日付の日に、中を開けて確かめます。

普通は25日のクリスマス当日が最後なのですが、スペースがなかったんでしょうか(笑) 24日が最後でした。

全部開けて、すっきりしました(笑)
リップクリームやハンドクリームが多く、これなら使える!と安堵。
思った以上に、イラストも大きさも可愛らしく、使うのがもったいないです。

クリスマスのお茶会@浜松

先日、ヴィクトリアン・クリスマスのお茶会を浜松で開催させていただきました。
会場はヘッドスパ&グラスルーエ「シャルール」さん。

毎回テーマを決めてのお茶会をさせていただいており、今回はヴィクトリア朝(ヴィクトリア女王が統治していた19世紀のイギリス)のクリスマスがどのようなものだったか、お話をさせていただきました♪

リース型のお菓子は、自宅でお料理&お菓子教室をされているボナペティさんにオーダー。このお茶会用のオリジナルです。
スパイスをやわらかく配合したフルーツケーキのアレンジです。
毎回、工夫を凝らして素敵なお菓子を作ってくださるので、参加者さんたちにも大好評(●^o^●)

くまさんのもなかは、あまりにかわいいもなか皮だったのでお取り寄せ。
(10月に、ハロウィンのジャコランタンのもなかの皮を取り寄せた際、一緒に頼んだんです)
中には、ピーナッツクリームを詰めました(砂糖不使用)。

紅茶は二種。ハムステッドのダージリンと、三島の勝又苑さんの和紅茶、自宅で栽培されているクローブをブレンドしたもの。
クリスマスといえば、スパイスをブレンドしたクリスマス・ティーが出回りますが、やはりスパイスが強いとお菓子が弱くなってしまうので、クローブがやさしい香りにブレンドされた和紅茶がいいかな~と思って選びました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

今年のお茶会はこれで終了。来年2022年は、2月にタータンチェックのお茶会をさせていただきます。
静岡市での開催分は午前・午後ともおかげさまで満席です。
浜松市開催2月23日(水・祝)は、午前は満席でキャンセル待ち。
午後13:30~のみ、1名様の残席がございます。
参加費は2,500円(すべて込み)駐車場あり。

お申込みお待ちしています!(^^)!

紅茶染め&和紅茶飲み比べワークショップ

すでに終了してますが(^^; 備録。 

2021年11月、「駿河東海道おんぱく」のワークショップに参加してきました。

静岡県は横に長く、このおんぱくは静岡県中部が中心だったため、私が住む浜松からはちょっと遠く、いろいろと興味深いワークショップがたくさんありましたが、参加できたのはこの一つだけでした。

身も心も紅茶に染まる 和紅茶3種飲み比べと紅茶染めストールづくり

染織・手芸教室「YUTORI ART&CRAFT」さんで紅茶染めを体験しながら、待ち時間で3種類の和紅茶のレクチャーと試飲を楽しみました(●^o^●)

静岡市に染めと織りのお店があるとは今回初めて知りました。
お店の中に、手織り機や、羊毛関連の商品がたくさん並んでいて、テンションあがりました!
(私の好きなタータンは羊毛から作られます)

岩手県立美術館で以前開催された「タータン展」にも来てくださり、お世話になったSPIN HOUSE PONTA.さんが出版されている羊や織り関係の本もずらりと並んでいました~。
PONTA.さんが定期的に出されている雑誌「SPINNUTS.」104号では、タータンの記事を寄稿させていただきました。

私自身は手織りはしないけれど、羊毛や羊など、好きな分野です。

植物で染めた見本もたくさんありました。今日は紅茶染め!

和紅茶のほうは日本茶インストラクターさんが担当。静岡県内の和紅茶を3種。どの方も存じ上げている茶農家さんでした(#^.^#)
ウェルカムティーは水出しです。

お菓子もペアリングしてくださって、和紅茶の説明も丁寧にしてくださいました。

蚊帳に使う生地でできたストールをこれから染めていきます。

ストライプやグラデーションなど、好きな染め方を選びます。私は自然に3色がグラデーションになっていくタイプをチョイス。

紅茶がよく浸透するように、豆乳でもみもみ。
グラデーションの境目がわかるように紐を結びました。

大鍋で紅茶(これは和紅茶ではない)がぐつぐつ煮えています。
そこへ投入!

薄く紅茶の色がつきました。


鉄を加えると灰色になるそうで、その液に入れるとあっという間に灰色に!

あとは先生がやってくださって・・・(^^ゞ

出来上がり♪
すでに3時間たっていて、乾燥までの時間はないので、乾燥は家でやってね、とのことで、家でやりましたー。

お昼は、サーモン専門店「サーモンパンチ」が静岡にできたとテレビで観たので、早速そこへ。
ハラスの一本焼き定食。

青葉シンボルロードまで行ってみますと、フリーマーケットをやってました。
花でできたこんなかわいいクマさんも。

久しぶりに電車でのおでかけでした。