著書紹介⑬すてきなタータンチェック

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
今回も、タータンチェック関連の本をご紹介します!!

月刊たくさんのふしぎ『すてきなタータンチェック』
2018年9月号として出版(福音館書店)

タータンの本としてはこれが4冊目となります。小学校3年生向けの月刊誌「たくさんのふしぎ」の、2018年の9月号として出していただきました。

イラストを多用して、子どもにもわかりやすく、タータンのことを書きました。
ただ、子どもにわかりやすく、というのは、実はとても大変なんです…(-_-;)

特に、タータンの場合は、イギリスの歴史を伝えないことには本当にわかってはもらったことにはならないので、複雑な歴史をどうやったらわかってもらえるのか、本当に考えて考えて。

また、織り物であるということと、綾織りとは?、ということ。プリントとの違いは?
タータンの定義などなど、どこまでわかってもらえるかはわかりませんでしたが、それでも編集者の方に、子どもはちゃんとわかってくれます、との言葉に励まされて、2年かかって仕上げたものです。

もう一つのうれしかったことは、イラスト界の重鎮・穂積和夫さんが挿画を引き受けてくださったことです。
穂積さん以外に、これらの絵を手描きできちんと描ける方はいないといってもよく、はじめは高齢なので、とお断りをされましたが、編集者の方が根気強く説得くださって、長い時間をかけて、何度も描き直しをしてくださいました。
本当に、本当にありがたく、体裁は子どもの本ではありますが、中身も、絵のレベルも最高のものになったと思っています。

残りわずかです。ご自分用、プレゼント用にいかがですか。サインもお入れします!
DMにてお問い合わせください♪

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

著書紹介⑫タータンチェックの歴史

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
今回も、タータンチェック関連の私の著書をご紹介します!!

図説 タータンチェックの歴史
2013年出版(河出書房新社)

まさか、まさかの!! おかげさまの、タータンの本の3冊目です。

図説という名の通り、写真やイラストが満載。
字もたくさんですが…(^-^; でも、読み応えたっぷりですよ!

これまでの本ではページ数の関係で書けなかった”クランタータン”のことも思い切り書かせていただきました。決定保存版になりました。
これでタータンの本は3冊出させていただいたわけですが、どれも違う情報を書いているので、セットでお手元に揃えていただけます♪

ご自分用、プレゼント用にいかがですか。サインもお入れします!DMにてお問い合わせください♪
他の本も一緒にお送りできますので、お気軽にどうぞ(^^)/

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

著書紹介⑪タータンチェック紀行

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
今回も、タータンチェック関連の私の著書をご紹介します!!

スコットランド タータンチェック紀行
2010年出版(産業編集センター)

まさか2冊目のタータンの本が出していただけるとは思ってもいなかったので、お話をいただいた時は本当にありがたかったです。
「私のとっておき」シリーズに入れていただきました!

スコットランドはウイスキーやゴルフだけが楽しみではありません。タータンも魅力のひとつなのです。

泊まるところ、レストラン、お土産店など、すべてにおいてタータンにこだわった旅行をするための、タータンづくしのスコットランド旅行ガイドブックです。

オールカラー!!!写真満載の、見ても、飾っても、読んでも楽しい一冊です。

ご自分用、プレゼント用にいかがですか。サインもお入れします! DMにてお問い合わせください♪
他の私の本もご一緒にご注文できますのでご遠慮なくお問合せを(^^)/

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

著書紹介⑩タータンチェックの文化史

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
ということで、私の著書をご紹介しています!
アン関連書のご紹介が終わったので、今回から、タータンチェック関連の本をご紹介します!!

タータンを含めた”チェック柄”が大好きだった私。
タータンのことがわかる日本語の本がなかったので、自分で調べるうちに、まとめることになっていったというのがいきさつです(;^_^A
タータンチェック、という言葉は日本での言葉で、本来は「タータン」。
タータンはただのチェックじゃないのですよ~。
ぜひ、私の本で、タータンの面白さを実感してくださいね!

タータンチェックの文化史
2007年出版(白水社)

一番初めに出していただいたタータンの本です。原稿を出版社に売り込むのですが、なかなか出してくださるところが見つからず…。
出版まで7年もかかりました。途中であきらめなかったのは、私のように、タータン好きの人がたくさんいるはず!!!絶対に興味を持ってもらえる!!と、信じていたからです。

タータンをリサーチするきっかけは、赤毛のアンの島プリンス・エドワード島の、公式”プリンス・エドワード島タータン”でした。

なぜ、公式?なぜ、カナダに? 英語の本を何冊も取り寄せ、辞書を片手に必死で読みました。タータンが発展したスコットランドも訪れました。

タータには定義があり、歴史があり、登録所まであるんですよ。それだけでなく、この本ではタータンにまつわるさまざまな話題に触れています。
日経新聞や週刊文春などでも取り上げていただき、本当にうれしかったです。
日本語で書かれた、タータンを詳しく知ることができる本がほとんどなかったことも、取り上げていただけた理由の一つだと思います。(私も、日本語のタータンの本がなかったのは本当に苦しかった…(;O;))

こちらの本、売り切れのため私の方に在庫がありません…。申し訳ありません。中古では手に入るとは思います。私の方で入手も可能ですので、ご希望の方は一度、私のほうにお問合せください!(^^)!

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

おいしいものおもしろいもの②

ロイヤルグループが出しているフルーツケーキを発見。に惹かれてお取り寄せしてしまいました(;^ω^)

フルーツケーキは洋酒に漬け込んだドライフルーツをたっぷり入れたパウンドケーキ。クリスマス菓子の定番です。どしっと重くて、食べ応えがあります。茶色いだけで華やかさがないのが普通ですが、ロイヤルの場合は上にぺカンナッツや洋酒漬けチェリーなどを乗せて、見た目にも美しくしているのがさすがですね。

洋酒がけっこうたっぷり使ってあって、大人の味でした。子どもには向かない。

こちらは「アフタヌーンティーリビング」が出しているクッキー付きティーバッグ。
アフタヌーンティーはスコットランドのタータン登記所に正式登録しているタータン柄を持っていて、そのタータンの商品を展開しています。タータンの名前には「アフタヌーンティー」「アップルティー」など、紅茶の名前がついていて、その紅茶からイメージする色と柄でタータンがデザインされているんです。今年の新作として「ホワイトティー」「キャラメルティー」「キーマン」「ドアーズ」「アフターディナーティー」が登場。これからもどんどん出していく感じですね。

洋服やキッチン用品など、タータンを使った商品を展開するのはいいのだけど、商品のどれもが、安っぽすぎて買おうという気にならないのですよね…。それなりのお値段をつけて売っているのだけど、それに見合ったクオリティじゃない…。素材がチープすぎ。タータン好きの私でもお金を出すのをためらってしまう。アフタヌーンティーが作る商品がこれでは…デザインがかわいいだけに、とても残念。今後のがんばりに期待したい。

3/1迄!タータン展@新潟

新潟県万代島美術館での『タータン展』、昨日、運よく観に行くことができました!


新潟駅からバスで10分たらず。朱鷺メッセという、大きなイベントビルの中に美術館があります。


そのビルにかかる高架橋にも、タータン展の横断幕が。

↑入り口の椅子にも、タータンが敷いてありましたよ!なかなかいいアイデア♪

今までと比べると会場がとても広いと感じました(今までの会場の中で一番広いかも!?)。
同じ展示物であっても展示の仕方などで印象は大きく変わります。こちらの美術館のタータン展はとても良い感じにまとまっているな、と感心しました。
これまで私は全館のタータン展を拝見していますので、最初の頃よりも展示物の数も増えていますし、今までなかったファッションショーの映像が流れていたり、
タータンの使い方も上手で、とても楽しめました。


フォトスポットは最後にまとまっています。


こちら、ANTAのタータン商品を使ったダイニングテーブルコーナーは、今までの美術館では撮影禁止だったもの。
今回はオーケーなんですね。私のお気に入りのANTA。お高いので、少しずつ集めています。こんなふうに、全部揃えるまであとどのくらいかかるかなぁ…(。-∀-)

新潟県万代島美術館だけのオリジナル展示として、上の写真の「トキ・タータン」があります。
長岡造形大学の学生による”トキタータンプロジェクト”。
3種類のタータンが展示され、その中から、来場者の投票でトキ・タータンが決定されるとのことで、

これら3つがラインナップ。応援メッセージも貼ってありましたよ。個人的に私は真ん中のタータン(桃花)が好きです♪
先月末までの投票では「十祈」(上記写真一番左)が人気みたいで、パネルには”決定”とあるので、これに決定になったんですね?
スコットランド・タータン登記所(英語の正式サイト→https://www.tartanregister.gov.uk/index)へももちろん、これから登録されますよね。楽しみです。

こうした、ご当地タータン(という言葉が出てくるのもタータンが広まっている証ですかね~)は、日本でどんどん登場しています。
ただ作って終わり、じゃなく、愛して、長く使って、定着してほしいな、と切実に思う私です。

さて、新潟でのタータン展は今日を入れてあと3日!!日曜日までです! 
もう日本での大規模なタータン展は開催されないと思いますので、この機会にぜひ足をお運び下さいませ(≧▽≦)
私の著書も3種類、販売していますので、どうぞよろしくお願いします!(^^)!

新型コロナで学校や行事、イベントなどがどんどん中止になっています。
5月に予定している私のスコットランドツアーもどうなるかわかりませんが、現段階ではまだ中止は決まっていません。
だいぶ先なので、最後まで希望を捨てずにいたいと思います。
私が同行解説するツアーは、海外はもう、今年でやめようかなと思っています。いろいろ考えるところがあり……。
なので、5月のツアーは催行にしたいと切に思っています。ご参加、お待ちしています。申し込み締め切りは4月1日です!(^^)!
***奥田実紀同行解説 スペシャル・スコットランドツアー 参加者募集中!***
2020年5月18日(月)~25日(月)羽田空港発着8日間
詳細はこちら→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

スコットランドチームのユニフォーム!

昨年2019年、日本に巻き起こったラグビー・ブーム
私もにわかラグビーファンとなり、スコットランド対ロシア戦を観に行きました♪その時の日記はこちら→http://mikiokuda.com/2019/10/19/ecopastadium/

なぜスコットランド戦なのか?といいますと、タータンの本を書かせていただいている私は、単純にスコットランドびいきだからです(;^ω^)

スコットランドチームのユニフォームには、タータンが使われていまして、デザイナーは日本人らしいですね、すごくセンスが良いので、あっという間に売り切れてしまったんだとか。

スコットランドのラグビーチームのタータンについてはこちらに詳しく書いてます→http://mikiokuda.com/2019/10/07/rugby/

タータン好きの私、どうしてもこのユニフォームが欲しい。でも売り切れ。海外のサイトでなら買えると聞いて検索するも、どこも売り切れ。
でも!!子ども用のが残っていました。海外の子どもは身体が大きいので、一番大きいサイズなら入るかも!? 私は背も小さいのでいけるかも、と思い、サイズを確かめたら、確かにいける(笑)

というわけで、取り寄せました、海外の子ども用のユニフォーム。着てみたら、まさにぴったり。これ以上太れないくらい、ぴったりでした(^^;

実際に手に取ってみても、やはりタータンのアクセントが素敵で、すごく気に入りました!!色も紺色で落ち着いていて、運動の時に着れます♪
大事に着ていこうと思います(#^^#)

襟の裏にもタータンがあしらわれているんですよ♪

***奥田実紀同行解説 スペシャル・スコットランドツアー 参加者募集中!***
2020年5月18日(月)~25日(月)羽田空港発着8日間
詳細はこちら→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/