井伊谷宮で茅の輪くぐり

茅の輪(ちのわ)くぐり井伊谷宮(いいのやぐう)でさせていただきました!

知人とドライブした際、教えてもらいました。浜松にある井伊谷宮自体も、実は今回初めて訪ねました(いつでも行けると思うと、行かない地元民…(^^;)

茅(かや)などの植物で作られた大きな輪。
この茅の輪をくぐることにより、無病息災厄除け家内安全を願う神社の神事
6月に行われ、茅の輪自体は7月まで設置されていることが多いとか。
私、たぶん、茅の輪くぐりは初めてかもしれません(;’∀’)

雨の日の平日だったからか、誰もおらず、凛とした静寂の中で、身が引き締まりました。

井伊谷宮の御祭神は、後醍醐天皇の第四王子「宗良親王(むねながしんのう)」。
約650年ほど前、動乱の南北朝時代に、征東大将軍として、この地を拠点に吉野朝方のために活躍したそう。

和歌に秀でていたことから「学徳成就・合格」の神様として崇められています。
また73歳と、当時としては大変御長寿だったので、「長寿・除災開運」の守護神としても信仰されています。

井伊谷宮は、彦根藩の藩知事だった井伊直憲が、井伊谷に宗良親王を祭る神社創建を出願し、1870年に創立。それまでは八幡宮だったとか。

NHKの大河ドラマになった『直虎』とは直接関係はないけれど、しばし、知人と、直虎のドラマの話で盛り上がりました(*^。^*)

境内には絵馬史料館もあるようだし、この日は雨だったこともあって茅の輪くぐりだけして帰ってきてしまったので、今度またゆっくり訪ねてみようと思います。

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

パディントン展@浜松市美術館

浜松市美術館での『くまのパディントン展』が始まりましたね~(^^)/

すぐにでも観に行きたいけれど、すいている平日に行くことにします。

私が個人的に企画したパディントンのお茶会は、まだまだ参加者募集中
おいしいイギリス菓子と紅茶をいただきながら、お話についてはもちろんのこと、
舞台になったイギリスや映画、なぜくまなのか、など、広くその魅力をお話します。

2020年8月2日(日)10:30~12:00
場所:c-cafe(静岡県浜松市中区富塚町2114-5)
*浜松駅から遠鉄バス30番「舘山寺温泉行き」乗車。「弥生橋」バス停下車後、徒歩1分
*駐車場有(数が少ないので乗り合わせでお願いいたします)
人数:6名(おかげさまで満席となりました。キャンセル待ち受け付け)
参加費:2,000円(すべて込み)当日払い

*飲食の準備がありますので無料キャンセルは前日10:00までです。その後は全額お支払いいただきます、ご了承くださいませ。ご連絡なしのキャンセルも全額いただかせていただきます。
*当日は貸し切りです。密を避けるため、少人数、席を空けて開催します。マスクの着用、入り口での消毒をお願いします。
お申し込み:奥田実紀まで。パソコンのフリーアドレスからの返信となります。ブロック設定されている方にはメールが届きません。数日たっても返事がない場合は設定をご確認いただき、再メールをお願いいたします)奥田実紀のフェイスブックインスタグラムのメールからもOKです。
*私の著書も販売いたします。当日はイギリス関係の著書を持っていきますので、イギリス関係以外の著書をご希望の方は事前にお知らせくださいませ。

おいしいものおもしろいもの⑫

前回の⑪でもご紹介した、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた事業者の方々が購入支援を呼びかけるフェイスブックのサイト(https://www.facebook.com/groups/248092736319363/ フェイスブックをされていない方でも、明記されている連絡先から購入できますのでぜひご協力を♪)からいろいろと購入している私です。

こちらは、一口サイズの「フォンダンショコラ」。

航空会社のファーストクラスで提供されているとの説明で、ファーストクラスには縁のない私はせめてスイーツだけでもファーストクラス気分を味わいたい!!!と思いまして(;’∀’)

レンジで温めると、中のチョコがとろ~りと出てきて、それはもう、至福の瞬間でございました(≧▽≦)

こちらは、治一郎の夏季限定の「レモン・ケーキ」。
治一郎というのは、浜松の高級スイーツブランド。関東や関西にも展開している「バウムクーヘン」で特に有名です。(なんと、仙台にもあった!!)
浜松市内にある工場の直売所に行くと、切れ端を安く売っているので、自分用のバウムクーヘンはいつもそれを買います(笑)
切れ端といっても、商品は同じなのでお得なわけで、これを狙って行列ができるほどの人気です。

私個人としてはレモン・ケーキというものに興味がなく、買ったことはないのですが、お友だちがおいしかったというので買ってみました。
さすがに治一郎、上品なお味でした。

フレンチ・アンティークに囲まれて

先日、4か月以上ぶりに、県をまたいでの外出をしました。
といっても、車で45分ほど、お隣りの愛知県豊橋市ですが。豊橋は何度も行っているので、ちょっと遠出しました的な感じです。

天気は雨で悪くなるという予報でしたが、なぜか、途中から晴天に。
日頃の行いがよいからでしょうか(笑)

テレビでも紹介されているという、豊橋の異空間、とてもロマンチックな場所「ピンコピコン」さんへ。

そもそもは結婚式場ですが、パティシエのラ・アンジュさんがここのカフェを見つけて、ここを借り切って貴族になりきるお茶会をしたい!!と熱望していたので、行ってみることに。

案内板もない、閉ざされた、隠れ家的なところです。それがかえって魅力的。

ここはパリ? フランスの街角? フレンチ・アンティークの世界がそこにありました!

お店の中に入って、一瞬でノックアウト!
まあ、なんというかわいらしく、エレガントな空間でしょう。
ここなら、お姫様(女王様!?)気分になれますね(*’ω’*)
椅子などの什器類も、アンティークなんだそうです。

頼んだのはアフタヌーンティー。スイーツのアフタヌーンティーだけですが、食器にもこだわっているので、フォトジェニックとはこのこと。
温かい紅茶を頼むとティーポットで出してくれるというので、二人で紅茶をオーダー。
一人一人違う茶器で出してくれて…それがまた素敵なの(≧▽≦)

他にお客様がいらっしゃらなかったので、窓辺に移動してみたりしての、なが~い撮影タイムを終えて(笑)
やっと腰を落ち着けてのティータイム。
場所が素敵なところって、正直、お菓子はイマイチだったりしますが、こちらは予想をくつがえす(すみません(^-^;)おいしさでした。
このお値段でこのクオリティなら、大満足です!

涼しくなった秋ごろに、こちらを借りて、アフタヌーンティーの会を催したいと考えています。
普段は着ないゴージャスな服を着て、日常を忘れたひとときを過ごすの…!

決定しましたら、詳細をこちらにアップしますので、楽しみにしていてくださいね。

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

『ダウントン・アビー』の公式料理ブック♪

劇場版『ダウントン・アビー』のDVDが、早くも先月6月に発売になりましたね(#^.^#)
BSプレミアムでは、毎土曜にドラマ『ダウントン・アビー』が再放送しています。現在シーズン6を放映。シーズン6で終わるので、もうすぐ終了してしまう…(;_:)
私は録画してDVDに残してあるけれど、なかなか、観直す時間がない。

そんな中で、予約していたこの本が届きました~。

『ダウントン・アビー クッキングレシピ』(ホビージャパン)

3,900円という高価な本ですが、それもそのはず、大型でぶ厚くて、写真はすべてカラーという豪華版
ドラマのシーンがちりばめられ、当時食べられていたであろう料理のレシピが、階上(貴族側)と、階下(使用人側)の両面から紹介されています。

私、『赤毛のアン レシピ・ノート』(東洋書林)を訳させていただいていますが、自分から積極的にこうしたレシピを実践する人間ではない(料理するのは実はきらい・・・なんです(;^_^A)
けれど、レシピ本は眺めているだけでも楽しいので、しっかり読むことは読むのです(笑) ただ、自分で作らないだけ(^^;

「スコーン」は、あちらでは「スコン」と発音する。そうそう、そうだった!
料理の歴史も書かれてあって、読むだけでも楽しかったです!
ドラマのセリフなんかもちりばめられてありました。
え、こんなセリフあったっけ?? やっぱり、もう一度、観直してみなくちゃと、再確認しました。

持ち寄りアフタヌーンティー

前の日記で、7月1日はカナダの建国記念日「カナダ・デー」だと書きました。
実はその日、雨が降る中、赤毛のアン好きのお友だちの家でアフタヌーンティーをしていました♪
カナダ・デーのお祝いのお茶会ということでしたが、カナダを思わせるものは特になく(笑)
でも、お友だちの家は赤毛のアンをイメージした、素敵なカナディアンハウスなので、そこでお茶するだけで、気分は赤毛のアン♪♪

4人の持ち寄りアフタヌーンティーなので、気負うこともなく、それでも三段スタンドを使って、お友だちのお庭の最後のバラなどを飾って、素敵な空間になりました(^^)/

ケーキは、お店は持っていないけどイベント等でヘルシースイーツを販売しているパティシエ、ラ・アンジュさんが特別に作ってきてくれたレモンケーキ。食育インストラクターの資格を持っているので、使う材料にもこだわっているので、安心して食べられます。しかも、おいしい(≧▽≦)


さくらんぼは「佐藤錦」!!

お友だちもティーカップや食器好きなので、たくさんかわいいものをお持ちです。
私はシェリーのヴィンテージを使わせてもらいましたよ♪

楽しい時間をありがとうございました(#^.^#)

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

今日はカナダ・デー♪

HAPPY CANADA DAY!!!
今日は「カナダ・デー(カナダの建国記念日)」です。
英領北アメリカが自治領カナダとして一つにまとまったのが1867年。
建国153年、カナダって新しい国なんですよ。

国旗を飾ってお祝いしますが、実はサトウカエデの葉が描かれたこの国旗(↑)ができたのは1965年。
それまでは、赤地の左上にユニオンジャックが配置された国旗を使っていたんですって。

ワーキングホリデーでプリンス・エドワード島に住んでいた時は2年連続でこのカナダ・デーを祝い、その後も、島に行く時はあえてカナダ・デーをまたいで滞在するようにしていました。そのくらい、楽しくて賑やかな一日なんです。

カナダの特産メイプルシロップを使ったメイプルカステラと、コロナ禍応援で購入したフォンダンショコラでミニミニおひとり様アフタヌーンティをしつらえてみました。
いつものおやつのお祝いバージョン(*^^)v

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

サイトリニューアルしました♪

以前とたいして変わらないじゃないかと言われるかもしれませんが(;・∀・)
今見ていただいているこのホームページ、デザインをリニューアルしました♪ 早いもので、私が独自のホームページ(このサイトのこと)を作ってから、2年がたちました。
そろそろ、デザインを変えたいなと思っていたので、思い切って行動に移しました。

特に、携帯から見てくださっている方にはまったく変化がわからないかもしれません(;O;) 一度、パソコンなどの大きな画面から見ていただけたらうれしいです。
こうなってたんだ!と、発見があると思います!
新しい記事が投稿されるとメールでお知らせする「購読」欄も入れました!
インスタのトップページも、手間取りましたが挿入に成功。
得意な方には何のストレスもないこういう作業が、私には何時間もかかる大仕事。解説本を何冊も読んで取り掛かるのですが・・・書いてある意味がわからない~~( ;∀;)
テンプレート選んで、カスタマイズする。
一言で言えばすっごく簡単なのにね・・・
カスタマイズの、入り口をちょっとかじったところで、私の頭がショートしてしまい、ギブアップ。

リニューアル、なんて素敵なタイトルにしましたが(;^_^A
これが精一杯の私の現状、私なりにがんばった結果です。なんという低レベルながんばり・・・(笑)

やっぱり、しっかりと基礎を勉強しないとだめですね…。地道に勉強していくつもりです。

以前のホームページは無料ホームページサービス「Yahoo!ジオシティーズ」に作っていたのですが、昨年サービスを終了したのです。
まさか、こんな大きな会社のサービスが終了するなんて思ってもいませんでした。多くの方がここにホームページを持っていたと思うので、その衝撃ははかりしれないものだったでしょう。

無料のサービスは提供側の都合でいつでも終了するんだ、ということをまざまざと体験しました。無料ほど怖いものはないと誰かが言っていましたが、本当にそうだなと思いました。

このご時世、何が起こっても不思議ではない。新型コロナの流行で世界中が恐怖に陥ったことで、自分はどうするのか、危機意識、危機管理について真剣に考えました。

自治体が、国がなんとかしてくれはしないのだなと。
誰かを責めても仕方がないし。自分のことは自分で責任を持って対処しなくては。それが、どんなに小さなことであっても。苦手なことであっても(-_-;)

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

くまのパディントンのお茶会

2020年7月11日~9月13日まで、浜松市美術館で『くまのパディントン展』が開催されます~(^^)/
うれしくて、個人的にお茶会を企画しました~♪
おいしいイギリス菓子と紅茶をいただきながら、お話についてはもちろんのこと、
舞台になったイギリスや映画、なぜくまなのか、など、広くその魅力をお話します。

2020年8月2日(日)10:30~12:00
場所:c-cafe(静岡県浜松市中区富塚町2114-5)
*浜松駅から遠鉄バス30番「舘山寺温泉行き」乗車。「弥生橋」バス停下車後、徒歩1分
*駐車場有(数が少ないので乗り合わせでお願いいたします)
人数:6名
参加費:2,000円(すべて込み)当日払い

*飲食の準備がありますので無料キャンセルは前日10:00までです。その後は全額お支払いいただきます、ご了承くださいませ。ご連絡なしのキャンセルも全額いただかせていただきます。
*当日は貸し切りです。密を避けるため、少人数、席を空けて開催します。マスクの着用、入り口での消毒をお願いします。
お申し込み:奥田実紀まで。パソコンのフリーアドレスからの返信となります。ブロック設定されている方にはメールが届きません。数日たっても返事がない場合は設定をご確認いただき、再メールをお願いいたします)奥田実紀のフェイスブックインスタグラムのメールからもOKです。
*私の著書も販売いたします。当日はイギリス関係の著書を持っていきますので、イギリス関係以外の著書をご希望の方は事前にお知らせくださいませ。

小説を新たに追加しました

もう読んでいただけましたか。
創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)


(小説を読むときは『小説を読もう!』という名前になります。こんな風な画面です。携帯からもオーケーですよ)

このたび、新しく小説を追加しました(#^^#)
勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

このほかにも現在、2作、アップしています♪

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

本というカタチになって、多くの方に読んでいただけたらと夢見ていますが――なかなか難しいですね。
これからも少しずつ書いて、アップしていきたいと思っています。
創作物語のほうでも、どうぞごひいきをお願いいたします!