おいしいもの(覚え書き)

今まで、写真だけ撮って、そのままになっていた”おいしいもの”をちょっとずつまとめています♪

スコットランドはDuncan’s of Deesideショートブレッド
こちらは、11月11日まで神戸ファッション美術館で開催中の『タータン展 ~スコットランドからの贈りもの~』で購入したショートブレッド。何度もスコットランドやイギリスに行っていますが、このメーカーは見たことがなく、買ってきました~。形はラウンド型、厚みがあって食べ応えがあります。バターたっぷりで、予想を上回る(どんな予想をしていたんだ(^^;)おいしさでした。
このブランドは日本では初お目見えだとか。エリザベスおばあさんが、自分のレシピで近所の人たちのためにショートブレッドとオーツケーキを売り出したのが始まりで、ロイヤル・ディーサイドの森の中のお店が始まりだったと、ホームページに書いてありました。今はダンディーにお店があるそうです。ダンディーといえば、最近どんどんおしゃれになってきて、話題になっている町です。今度スコットランドに行ったら、訪ねてみたい!
タータン展は全国を回りますので、ご興味のある方はぜひ、タータン展でゲットしてくださいね~。タータン展、私も協力させていただいています(^^)/ →https://www.facebook.com/tartan.scotland/

こちらは、浜松のお隣の磐田市にお店をかまえるお茶とお菓子の「Latelier de KUKAI」さんの、抹茶パウンドケーキ。ホワイトチョコが入っていて、抹茶の苦みをほどよく緩和してくれています。KUKAIさんはイギリス滞在経験があり、イギリスのスコーンやレモンケーキ、ヴィクトリア・サンドイッチなど、その日その日で出すお菓子は違いますが、イギリス好きのハートをわしづかみにするラインナップなんですよ(≧▽≦)  煎茶のガトーショコラもお気に入り。

こちらは、カルディで買ってきた、台湾の「豆花」。今年初めて台湾を訪れてから、はまってしまった台湾(^^)/ 豆乳文化が根付いていて、豆乳を飲むようにしている私にとっては天国♪ 簡単に言えば豆乳プリンの”豆花”も、台湾で食べて、とてもおいしかったので、カルディで見つけた時は即購入しちゃいました。それだけだと味気ないので、黒蜜がついてます。市販のものはくどかったり、おいしくなかったりすることが多いのですが、こちらはなかなかのお味。台湾にまた行きたくなってしまった私です。

写真がたまったら(笑)またおいしいもの、アップしま~す(#^^#)

注目のスイーツをいただきます♪

先日の日帰り東京で、お土産に買ってきたのは「マーロウ」のプリン
GINZA SIXの地下を歩いていたら、マーロウを発見。葉山にある有名なお店というのはテレビで見て知っていましたが、葉山に行くことはないだろうから、食べる機会はきっとないと思っていたので、記念に買って帰りました。

ビーカーの容れ物も、食べ終わった後も使えるので人気ですよね~。蓋は別売りで、私はせっかくなら木の蓋がいいので買いました。でもこの蓋、ほぼプリンと同じくらいの値段がするんですね(;’∀’) いやはや、田舎者の私はたまげました(笑)
コクのある濃厚プリンは、確かにくせになりそうです~。

スイーツつながりでもうひとつ。フェイスブックでたくさんのお友達がアップしていた、ハーゲンダッツの新商品「アリスの紅茶~クッキーを添えて~」。
童話から着想を得てハーゲンダッツ流にアレンジしたアイスクリームデザート”ストーリータイム”のシリーズだそうです。

写真に載っているブルーのティーカップが、エインズレイ社さんのだと聞いていたので、発売したら絶対に買おうと思ってました。
ミルクソース&カシスのハートの形がかわいらしい♪ ダージリンアイスクリームと、マスカルポーネアイスクリームが層になっています。また買いたくなっちゃうくらい、おいしかったですよ(#^^#)

同じシリーズで、白雪姫も出ていますので、こちらも次回、食べたいと思います(≧▽≦)

やっぱりアフタヌーンティー♪

先日、浜松のホテルコンコルドで不定期に企画されている「スカイアフタヌーンティー vol.3」へ参加してきました。

18階のラウンジで行われるイベントは、以前も行ったことがあります。浜松城を見下ろす高さのラウンジからの眺めは最高。当日はあいにくの曇りで遠くまで見渡せませんでしたが…(^^;

アミューズ二種と、スープが最初に提供されて…

そのあとに、サンドイッチとスコーン。イギリスではマーマレードは朝食に食べるもので、アフタヌーンティーにはまず付きませんが(^^; まあ、ちゃんと、クロテッド・クリームが付いてきたので、許しましょう。

スイーツは三段スタンドで♪ 写真はお友達との二人分です。紅茶の種類が少なかったのが残念なのですが…参加者が紅茶を頼まないからなのかな?

途中から、ピアノの生演奏が入って…美しい音色を聴きながらのティータイム。久しぶりにゆっくりした時間を過ごすことができました。
明日からまたがんばろう~という気持ちになります。時々アフタヌーンティーをするのはいいですね~。

というわけで、10月14日(日)に、アフタヌーンティーのおしゃべり会を開催いたしますよ~。
10月3日~31日まで、浜松のカフェ「アポロン」さんの壁をお借りして『美しきスコットランド』写真展をさせていただくので、14日にアフタヌーンティー会を企画しました。
10月14日(日) 14:00~15:30 料金は1,800円です。
お昼を過ぎた時間なので、サンドイッチはなしのアフタヌーンティーです。
まだ残席ございますので、お申込みをお待ちしています♪ 私までどうぞ。
場所:カフェアポロン 浜松市東区上西町1332-1  電話053(467)3577
(月・火休 11:00~19:00)


(クリックすると拡大します)

 

たくさんのふしぎタータン

最新刊『すてきなタータンチェック』(福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」9月号)、おかげさまで好調です。ありがとうございます。

タータンの”織り”を説明する中で、たくさんのふしぎタータンを作ってみよう、という流れになって、小学生の読者をイメージしたすてきな”ふしぎタータン”が出来上がりました。

東京で手織り教室を主宰されているタリフさんのご協力を得て完成した”ふしぎタータン”。スコットランド・タータン登記所への登録も進められているそうです。→https://turriff.exblog.jp/238678278/

この大事なタータンのマフラーを、タリフさんが私にプレゼントしてくださいました~(;O;) 写真では落ち着いた色合いに見えるかもしれませんが、実際にはグリーンもブルーも明るくて、小学生らしいハツラツとした感じが伝わってくるんですよ。そして、手織りならではの、ふんわりとした、やさしい手触り……。タリフさんの気持ちまで伝わってきて、ほっこりして、じーんと感動しました。大事に、大事にします。
私は自分で織るところまでは(時間的にも)できなくて…。
タリフさんは織りの専門家なので、今回「たくさんのふしぎ」でご協力いただけて、本当に感謝しています。ありがとうございました!

また、タリフさんが手織りキット(完成品の販売はありません)として販売も開始されました。9月15・16日に東京で行われるスピニングパーティでも販売されるそうですよ。

 

今日は私の誕生日♪

今日は私の誕生日です。年齢は……言える年ではないので控えさせていただきますが(^^;
お祝いの言葉もたくさん寄せていただきまして、ありがとうございます。

写真は、お仕事先からいただいたバースデーケーキです♪(大好きなチーズケーキ) 去年もいただきました、感謝、感謝です。
息子が大学で家を出ているので、夫婦二人だと、こういう大きなケーキは買わなくなってしまいましたので、大きなケーキ、うれしいです!(^^)!

今までも何度も書いているのですが、やっぱり言いたい!! 私はピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターと同じ誕生日なんです!!!
ビアトリクスのように絵はうまくないですが…何度もそのことに慰められました…(笑)

生まれてきたからにはだれにも使命があって、私はまだそれを成し遂げていない…。
あと何年(あるいは何十年)生きられるのか、わかりませんが、それでも、数えられるくらいの最終章が見えてきているので、がんばって、前に進んでいきます。

山奥の古民家蕎麦やさんへ♪

浜松市天竜区の山奥に、古民家を利用した手打ちそばのお店「百古里庵(すがりあん)」さんがあります。
ずっと行きたいとは思っていたものの、わかりにく場所にあると聞くと、一人ではなかなか行けず…

先日、お友達に誘っていただいたおかげで、お訪ねすることができました!!
同じ浜松市内とはいいながら、天竜区は、車で1時間くらいかかるんです。ちょっとした旅行気分ですね♪

趣のある表門をくぐって…

母屋は、明治初期の建物だそうです。

ごま豆腐が感動するほどおいしかった!!! そのあと、お友達おすすめの、川エビのかき揚げを。おかひじきと一緒に揚げてあります。おかひじき!!大好きな野菜です。そういえば最近食べてなかったことを思い出しました。(このあと、産直野菜を扱っているお店に行ってしっかり買ってきました!)

おそばは、十割を頼みました。固めで食べにくいですよとお店の方に言われましたが、チャレンジ。でも、やっぱり、食べにくかった…(>_<) あごが疲れるほど、たくさん噛みました!!

すぐ近くを川が流れ、自然豊かな環境。ゆったりとした時間を過ごせます。また行きたいと思います(*^。^*)

古い町並みが残る有松へ…♪

ゴールデンウィーク中、一日だけ、名古屋まで遠出しました。「ノリタケの森」で紅茶のイベントがあったからです。

時間に余裕があったので、帰り道、以前から行きたかった「有松」に寄ってきました。ちょうど名鉄の復路にあるのです。
名鉄「有松駅」から、古い町並みまでは歩いてすぐ。電柱も撤去(地中化)してあるので、すっきりとして気持ちよく歩けますね。
中心となるのは”旧東海道”。

有松は、1608年に、尾張藩によってつくられた町。”有松絞り”で有名です。耕地が少なかったため、副業として絞染めを工夫したのがはじまりだとか。東海道を往来する旅人の土産物として名物になり、町は有松絞りとともに繁栄。

現在、有松絞りの絞りの技法は100種類もあるそうです。

1784年、村の大半が焼失するという大火に見舞われます。復興の際、建物は火災に備えて漆喰を厚く塗り込めた塗籠造になり、萱葺き屋根に替わって瓦葺が使用されました。尾張藩の援助もあって、20年ほどでほぼ復興したそうです。
そののちも、さまざまな防火対策が施された家屋が建てられました――連子格子、なまこ壁、虫籠窓、卯達など。
今も当時の面影を残した町家が並んでおり、重要伝統的建造物群保存地区に選ばれました。

これは明治時代のガス灯の名残りだそうです。↓

落ち着きのある伝統ある町並みは絵になりますね。歩いているだけでうきうきします。私は現代的な都会よりやっぱり、古さが残るこんな雰囲気が好きです。

 

片付け&掃除で、7割収納実現!

長い方で9連休という今年のゴールデンウィーク、どのように過ごされましたか?
私はというと。混雑、人ごみが大の苦手なので……ほぼ家におりまして^_^; 片付けと掃除に明け暮れました。
今まで、家じゅうの隅々まで、くまなく掃除をしたかったものの、できなかったのが、やっと!できました!!
目的は、いらないものを捨てて、身軽になること。手が届かない部分も、この機会に掃除して家を徹底的にきれいにすること
「もったいない」「思い出のものだから…」「いつか使うかも」という思いがあると捨てられないので、心を鬼にして(?)容赦なく、どしどし捨てました。
”捨てる”というと言葉が悪いですね、使えるものはリサイクルショップ等に持っていきましたよ。
本、雑誌、洋服は、今までも定期的に整理してきたつもりですが、それでも相当量がありました…。
主人も一緒になっての、おおがかりな片付け&掃除は、もう「終活」ともいえるものでした。9:1で、家の中は私のものでひしめいておりました…(@_@;)
自営業、ライターという仕事柄もあるのですが、それにしても多すぎると自分で思いました(-_-;)ので、思い切って片付けができましたよ。
何日もかけてやっていると、だんだんコツというか、執着やこだわりがなくなっていきました。

掃除や片付けって、気力も体力もいるんですよね。できるうちにやっておかないと、いずれ高齢になって動けなくなってからでは
無理だろうなと思いました。特に、二階建の家に住んでいると、二階から一階に荷物を下ろすだけでも大変。暑い夏にはできませんね(~_~;)
私は終活カウンセラーの資格も持っておりまして、時々、セミナーをさせていただくのですが、エンディングノートも大事だけれど、
家の中を片付けることも大事と、お話しています。それは私自身にも言えること。

とりあえず、気になっていた隠れた部分も含めてぜ~んぶ、片付けられたことは収穫でしたし、ほっとしました。
この間、美容室で読んだ雑誌に「7割収納」の特集がありましたが、まさに片付けが終わった家の中を見渡すと、見事に
7割収納になっていました!! これを機に、増やさずに片付けていくことを心がけたいと思います。

片付けに疲れたら、台湾のお茶とお菓子で休憩。小さな中国茶器で、少しずつ、香りを味わいながらゆったり過ごしました。
いつもはこんなにくつろいで飲むことは少ないので、長いお休みはありがたいなと思いました(*^_^*)

タータンのお話会@イギリス文化に親しむ会

先週の日曜日(15日)、神奈川県藤沢市の「イギリス文化に親しむ会」さんで、タータンについてお話をさせていただきました♪ 昨年の10月には「英国ファンタジーの魅力」についてお話をさせていただきましたので、今回で二度目となります。お声をかけていただき、本当にありがたいです、ありがとうございます。

会のメンバーのみなさんは、もちろんイギリス好きの方ばかり。熱い思いを秘めている方を前に、私などがお話するなんておこがましいのですが…(^_^;) でもギラギラしたプレッシャーを感じることなく、優しい雰囲気で包んでくださるみなさんなので、落ち着いてお話をさせていただくことができました。

実際にタータンの生地をお見せしながら、英語のタータンの本なども見ていただきながら…1時間とちょっと。いっぱいお話したいことはあるので、気づけばスコットランドのお写真をお見せする時間がちょこっとになってしまい…(-_-;) あっという間に時間がたってしまいました。
そのあとは、紅茶研究家・川谷眞佐枝先生が季節に合わせてブレンドくださる紅茶と、おいしいお菓子でティータイム。今月お誕生日の方へのお花のプレゼントなど、アットホームな雰囲気が心地よい会だな~と感じます。肩の力を抜いて、思いやりを持ちながらやってこられたからこそ、30年以上も続く息の長い会になっておられるんでしょう。「イギリス文化に親しむ会」さんが、これまでお呼びになった先生方のすばらしいこと!(ぜひホームページでご覧になってください→http://england.kir.jp/engcultuer6.htm) 一口にイギリスと言っても、取り上げるテーマは多岐にわたっています。近隣に住んでいたら絶対に会員になっていたのに!! メンバーのみなさんも、それぞれ魅力的な方々ばかりです。ご興味のある方はぜひ、お仲間になってみてはいかがでしょうか。
また呼んでいただけるように、私もまた次のテーマを追いかけていこうと思います(^◇^)

*以前よりお伝えしておりました、私が同行解説するツアー「英国ファンタジー紀行 ピーターラビットの故郷とオックスフォード・ロンドン 8日間」は催行決定になりました! まだ間に合います、参加ご希望の方はご連絡くださいね。詳しくはこちら→http://tabi.omni7.jp/7tabi/ab_tour/618702/

 

駿府城公園の桜と屋形船

浜松の桜、散ってしまいました(;O;) 満開だった先週は、桜柄の茶器を出してきて、桜餅と一緒にお茶を楽しみました♪

そして月曜日は…用事で静岡まで足をのばしてきました! 駿府城公園の桜はまだかろうじて、半分くらいは残っていて、場所によっては満開。お花見を楽しみ人の姿もありましたよ。

こちらは、貴重な戦前建築の建物で、旧静岡市役所(国登録有形文化財)。現在は静岡市議会議事堂として使われています。昭和9年(1934)竣工。こういう昔の建物が好きな私にはたまらない魅力…。イスラム的なドームを持つエキゾチックな雰囲気、当時の人々にとっては注目の的だったのではないでしょうか。

ちょうど、お堀をゆっくりと進む屋形船に行きあたりました! 試験的に屋形船の運行を始めたと、テレビで以前やっていたのを思い出しました。桜とお堀と……風情がありますね♪

このあと、隣りにある静岡県庁別館の21階へ。静岡の特産品を使ったレストランがあるんですよ。どれにしようか迷いましたが、清水の魚介を使った丼をいただきました~。

レストランの上は展望台になっていて、誰でも無料であがれます。展望台からは、さっき自分が桜の写真を撮っていた駿府城公園が真下に眺められます。さきほど下から見上げた旧静岡市役所の建物も見降ろすとこんな感じ。
22階の展望台はとても広くて、360度、眺められるようになっています。冬場の空気が澄んでいる時は富士山や御前崎まで見渡せるそうです。ここは穴場? 私が知らないだけだった?? ぜひ、行かれたことのない方は行ってみてください(*^_^*)