タータン展とバラフェア

台風の被害にあわれた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。少しでも早い復旧をお祈りしています。

先週の土曜日(10月12日)、久留米市美術館さんで11月4日まで開催中の『タータン 伝統と革新のデザイン』展にて、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきました!
台風19号が接近していたので、どのくらいのお客様がご参加くださるか、心配でしたが、会場がいっぱいになるほどの方々に聴いていただくことができました。あいにくの天候の中、足をお運びくださいまして、ありがとうございました<(_ _)> タータン好きの方とお話をすることができて、私自身もとても楽しかったです(#^.^#)

タータン展は、昨年は神戸、東京で開催し、今年の春には岩手で。そして久留米へと巡回。どの会場でも呼んでいただき、講演会をさせていただくことができたこと、おかげさまで、ありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

久留米市美術館さんをお訪ねするのは初めてでした。西鉄久留米駅から歩いて約15分。緑あふれる公園の中にあります。途中、いつものように、マンホールチェック(笑)


こちらはマンホールカードになっている柄。九州一の大河「筑後川」とその周囲に広がる「筑紫平野」、そして市の南東部に位置する「耳納連山」に市の花である「久留米ツツジ」がデザインされているそうです。


こちらは、ツツジと、久留米絣(くるめがすり)。江戸時代後期1800年頃、久留米藩の城下に生まれた井上伝(1788年-1869年)という13歳の少女により考案された、先染め織物。木綿の糸を麻で括り、藍染めして斑模様を作り、別の染めパターンの糸を縦横に折り合わせることで、さまざまな布面を生み出す、とのこと。

公園の入り口のバス停横に、大きなタータン展の看板が。目立ちます♪


真ん中に設置されているペリカンの噴水。いつもは水を噴き上げていますが、台風が接近するというので止まっていました(残念)。雨は降りませんでしたが、強い風が吹き荒れていました。
美術館やコンサートホール、図書館などが並ぶこの公園一帯(石橋文化センター)は、1956(昭和31)年に株式会社ブリヂストンの創業者である石橋正二郎(久留米市名誉市民)氏が、故郷である久留米市に寄贈したもの。氏の功績を学べる記念館もあります。


秋バラが咲いていましたよ~。今週土曜日(10月19日)から「秋のバラフェア」まつりが開催されるそうです♪♪
バラをテーマにしたイベントがいろいろあるそうですので、この期間に訪ねてみてはいかがでしょうか。
タータン展とのコラボで、タータンを身に着けてこられた方には特典があるようですよ→http://www.ishibashi-bunka.jp/rose/event/archives/118

もちろん、タータン展を開催している久留米市美術館でも、19日、20日は、チャームやくるみブローチを作るワークショップも開催しますので、ご参加くださいね!→https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20190921-2/

講演会は午後2時からだったので、お昼は、美術館となりの「楽水亭(カフェ&ギャラリーショップ)」さんにていただきました。窓から美しい日本庭園が望める、落ち着きのある空間です。


こちらの楽水亭さんで、タータン展期間中、数量限定で特別提供されている英国のお菓子。チョコレートプティングまたはレーズンスコーン(飲み物付きでともに800円)。私はスコーンを頼みました!サクッとしていておいしかったです。

さて、タータン展のほうは、同じ展示物であっても、展示する場所によって、展示方法などが変わるので、毎回新鮮です。フォトスポットも、美術館によって違っています。久留米さんのほうでは二か所。会場入ってすぐのところにあるのが、タータンがまきつけられた円柱が並ぶフォトスポット。

展示の最後にあるのがこちら。

ひょっこりはん、やってみたり?! 堂々とタータンバックにタータン・ファッションショーをやっても!?

タータン展は、世界中探しても、こんなに大きな規模でやった場所はどこにもありません!日本が世界で初めて。英国王室専用の「バルモラル・タータン」も、実物が展示されています(王室の許可を得て、初めて海を渡って公開された画期的な出来事なんですよ)。お待ちしています(≧▽≦)

ギフトショップでは、私の4冊のタータン本を販売していただいています!『タータンチェックの文化史』(白水社)は、残部わずかです。『スコットランド タータンチェック紀行』(産業編集センター)は、スコットランドをタータンをテーマに旅行するガイドブック的な本で、カラー写真がいっぱい! そして『図説タータンチェックの歴史』(河出書房新社)は、文字がいっぱいですが、タータンの知識をつけたい方にはおすすめ、クランタータンも網羅しています。
そして、小学生向けの月刊誌『たくさんのふしぎ すてきなタータンチェック』は、私がタータンに興味を持ったいきさつ、スコットランドにまで取材に行って、いろいろなことがわかった!楽しい!を説明しています。こちらも残部わずかです。
どれも、同じことは書いていませんので、ぜひ4冊揃えていただけたら嬉しいです(^^♪

**私が同行解説するスコットランドツアーを来年5月に予定しています!**
私のツアーならではのスペシャルな内容になっています。ご参加申し込み、お待ちしています!!!
2020年5月18日(月)~5月25日(月)8日間
詳細は→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

いよいよ12日@タータン展

全国を巡回している『タータン ~伝統と革新のデザイン~』展。現在、福岡県の久留米市美術館で開催中♪(11月4日(月)まで)

関連ワークショップとして、私は来週12日(土)に、講演会をさせていただきます!
「タータンの魅力」
10月12日(土)14:00~15:30
参加費は無料です。事前申し込みも必要ありませんので、会場へお越しくださいませ~(*’ω’*)

タータン展のツイッターです。私はツイッターやっていませんが、やっておられる方はぜひフォローくださいね(≧▽≦) 行かれた方はタグ付けもお願いいたします(#^^#) → https://twitter.com/tartan_scotland?lang=ja

12日の講演会でもお話しますが、タータンはヴィクトリア女王夫妻のおかげで、大流行しました。女王夫妻はスコットランドびいきで、現在も王室の居城となっているスコットランドのバルモラル城は、ヴィクトリア女王夫妻が建てたお城です。
映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』→http://www.victoria-abdul.jp/ にも、バルモラル城を訪ねるシーンがあります。劇場でも観ましたが、DVDが出ているので、もう一度観ました。気になっているシーンがあったからです。


このシーン(我が家のテレビから撮影)。劇場の字幕では、アブドゥル(写真左のインド人男性)に「新しいキルトはどう?」となっていたと記憶しています。明らかに、着ている服はキルトではないので、え???と思いました。英語を聞き取れなかったので、なんて言っているのだろうとずっと気になっており、DVDで確認しました。「How do you like your new Scottish costume?」でした。字幕は「新しいスコットランド衣装はどう?」です。
スコットランドに来たので、スコットランドのタータンで二人の衣装を作ってあげたようです。アブドゥルは「すごくちくちくします」と言い、女王は「スコットランド産だもの」と言います。
タータンの色が暗いのは、夫のアルバート公の喪に服していることを表しているのでしょう。実際、ヴィクトリア女王は夫の死後、ずっと喪服を着ていたそうで、映画でも黒いドレスを着ています。別のシーンで、お城でダンスを見ている女王は、タータンのサッシュをしています↓ こちらも白と黒のタータン(ご不幸用のタータン)です。侍女も、白と黒のタータン・サッシュをしていました。この映画の衣装を担当した方、さすがです!
ぜひ、この映画、ご覧になってください(^^)/

**私が同行解説するスコットランドツアーを来年5月に予定しています!
私のツアーならではのスペシャルな内容になっています。ご参加申し込み、お待ちしています!!!
2020年5月18日(月)~5月25日(月)8日間
詳細は→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

10月12日タータンセミナー@久留米

全国を巡回している『タータン ~伝統と革新のデザイン~』展。私は企画の段階から協力させていただきました!

今日9月21日(土)から、福岡県の久留米市美術館で始まりましたよ♪11月4日(月)までです。

関連ワークショップとして、私は講演会をさせていただきます!
「タータンの魅力」
10月12日(土)14:00~15:30
参加費は無料です。事前申し込みも必要ありませんので、会場へお越しくださいませ~(*’ω’*)

タータン展のツイッターです。私はツイッターやっていませんが、やっておられる方はぜひフォローくださいね(≧▽≦) 行かれた方はタグ付けもお願いいたします(#^^#) → https://twitter.com/tartan_scotland?lang=ja

上記チラシの緑色のドレス。先日までNHKで放映されていたドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』シーズン2、クリスマスの場面で女王が着ていたドレスに似ています!! 思わずテレビから写真撮っちゃいました(;^_^A 喧嘩するシーンなんですけどね(;^ω^)

タータン大好きだった女王夫妻。今後、バルモラル城を建てるシーンも出てくるのでしょうか。
EU離脱で揺れるイギリス本国ではシーズン3の放映がもう終わっています。が、日本での放映は未定。まだまだシリーズは続くようで、晩年のヴィクトリア女王は女優さんの交代もあるとかないとか、記事になっています。ということは、バルモラル城も出てくるはず!!どんなタータン衣装を身に着けるか楽しみです(って、撮影もまだしてないだろうし、ですが(^^;)。

シーズン2では、二人が初めてスコットランドを訪れる回がありました。ロケされたのはブレア城
そのブレア城で、通常非公開のライブラリーでの特別アフタヌーンティーが実現しただけでなく、女王ゆかりの宝物も見せていただけるという、とんでもないVIP待遇が実現した、私が同行解説するスコットランドツアー。個人旅行ではなかなか行くのが難しいハイランドも回ります。ハリー・ポッターの映画のロケがされた蒸気機関車にも乗車しますよ(≧▽≦) ご参加申し込み、お待ちしています!!!
2020年5月18日(月)~5月25日(月)8日間
詳細は→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

9月から久留米市でタータン展開催

昨年から全国を巡回している『タータン ~伝統と革新のデザイン~』展。私は企画の段階から協力させていただきました!
9月21日(土)からは、福岡県の久留米市美術館で始まります♪11月4日(月)までです。

関連イベントもございます!
「タータンの魅力」と題した私の講演会は10月12日(土)14:00~15:30
参加費は無料です。事前申し込みも必要ありませんので、会場へお越しくださいませ~(*’ω’*)

福岡県の方で、チラシを置いてくださるお店や施設の方いらっしゃいませんでしょうか。置いてくださる方を探しております。ご存知でしたら教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

久留米のあとは、12月から新潟で開催され、それでタータン展は終了となります。
おそらくもう二度とこのような大規模なタータン展は開催されないと思いますので、ぜひこの機会にお訪ねくださいませ<(_ _)>

仙台でもセミナーさせていただきました♪

先週、岩手県立美術館さんでの『タータン展』で、講演会をさせていただいたことを、昨日の日記に書きました。

私の実家は仙台なので、岩手県美さんを訪ねる前に、仙台で数日過ごさせていただきました。浜松から仙台は、かなり遠く、交通費もかかるので、一年に一回帰省できればいいほうです。今回は実家に帰る機会にもなり、ありがたかったです。4月11日に帰ったのですが、二日前に雪が降るという驚きの寒さになり、私が孵った11日も寒くて、寒くて、風邪をひきそうでした(-_-;) 翌日から暖かくなってきたので命拾いしましたよ(笑)

仙台では、中学・高校の同級生と、15年ぶり(?)くらいに会って、楽しくおしゃべりしました。
また、NHK文化センター仙台教室さんで、和紅茶セミナーと、タータン・セミナーと、二講座をさせていただく機会もいただきました。続けて二講座だったので、気づいた時には、講座をしたという写真がまったくなかった…撮るのを忘れて熱中していました(;’∀’) 下の写真は、講座終了後、定禅寺通りの街灯がすてきだったので、パチリ。

仙台はちょうど、桜が満開でした。NHK文化センターさんをご紹介くださったバイオリン奏者の佐藤さんが、講座の前に桜がきれいな場所に連れていってくださいました(≧▽≦) ありがとうございます♪

佐藤さんとは、ランチをご一緒して、楽しいおしゃべりをさせていただきました。ランチは、フルーツで有名な「ITAGAKI」さん。フルーツの食べ放題がついているんですよ。普通の食事ができない私にとっては、メインの料理はほとんど食べられず、フルーツ食べ放題に救われました(#^.^#) どのフルーツも、本当においしかった!さすが、フルーツにこだわりのあるお店です。次回もここにしよう!!

『タータン展』開催中@盛岡

先週、4月13日(土)から、盛岡にある岩手県立美術館で『タータン展』が始まりました!→http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html
私は翌14日(日)に、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきましたぁ~(#^^#)
100名以上の方が集まってくださり、熱心に聞き入ってくださいました。
岩手はホームスパンの里。織りや、羊毛に詳しい方々がたくさんいらっしゃいます。会場にもホームスパンの方々がいらっしゃいましたので、私はいつになく緊張してしまいました(^^;

岩手のホームスパンの歴史は、本を買って調べましたが、まだまだ、奥が深くて面白く、追及していきたいテーマだと感じました。また岩手を訪れて、ホームスパン関係を訪ねてみたいです。

私は実家が仙台なので、岩手は何度か行っています。が、最後に行ったのは――はるか昔、学生の頃。経った年月を数えるのがおそろしくなります…。

岩手県立美術館は、今回初めて訪れました。公園の中に建っていて、大きくて広くて!
そして、訪れた日は、雪をかぶった岩手山がくっきり、はっきりと見えました。(写真は、美術館の2階から撮影したもの)

タータン展』は全国5か所を巡回。今回の岩手県美さんで3か所目です。それぞれの美術館の広さや、天井高も違うので、同じものを展示するといっても、展示方法はそれぞれ違っています。
今回の岩手県美さんはかなりスペースが広く、学芸員さんのアイデアで、フォトスポットもたくさん設けられています。

こちらの、2階へあがる階段にミント・タータン(『タータン展』オリジナルタータン)を貼っていくアイデア、すばらしくないですか??? まるで、花嫁さんのヴァージンロードみたいですよね。こちらもフォトスポットですので、ぜひぜひ、写真を撮ってみてくださいね~。

こちらも、会場内のフォトスポット。これまでのタータン展での定番だった、ライトによってソファのタータン柄が刻々と変化する、タータンソファももちろん健在↓

タータンソファの裏側には、タータンのカーテンが、4種類並び、こちらも素敵なフォトスポットになっています。

そして、岩手県美さんがどうしても!という熱い思いでつくられたフォトスポットが、タータンの大きな一枚布をベルトで固定して体にまとう、17~18世紀のスコットランドの男性用衣装「フェリィ・モー」を体験できるコーナーです!!! もともとは男性用ですが、女性でも体験できますよ!!
まとうだけでなく、スポーラン(ポケット代わり、風でめくれないようにタータンを抑える役目もある)までつけてくれます!!

お一人、お一人、担当者が丁寧に着付けてくれるので、これは絶対に体験しないと損ですよ!!!

ほら、こんなにきれいに着させてくださいます!時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

そして!!美術館併設のレストランには、タータン展期間中だけの限定アフタヌーンティーが楽しめます!!
残念ながら私はいただく時間がありませんでしたが、訪ねられるみなさんはぜひ、お忘れなく召し上がってくださいませ~。予約は必要ないそうです。

2階のライブラリーも忘れずに行ってくださいね。タータン関連の書籍がたくさん並んでいて、閲覧できますよ。もちろん、私の本もありますよ(≧▽≦) 気に入ったら、売店でご購入くださいませ~。

岩手県立美術館での『タータン展』は、5月26日(日)までです!!!

チラシのタータン柄は4種あります。入場券のタータン柄も4種類。こうしたアイデアからも、タータン展への思いが伝わってきますね。

タータンセミナー@イギリスを知る会さん

先週の土曜日3月9日、「イギリスを知る会」さんに呼んでいただき、『タータンチェック紀行』と題した、タータンとスコットランドの魅力をお話させていただきました!

イギリスを知る会は、1990年に活動を開始された、イギリス好きのみなさんが集まるグループです。奇数月の第二土曜日の午後に、講座や親睦会などを開催されていて、これまでそうそうたる方々がセミナーをされてきました。

ご紹介者がいる場合、ビジターとして聴講もできるそうで、私は以前、ライター仲間の木谷朋子さんのご紹介で、セミナーを聞かせていただいたことがあります。
熱心な方ばかりで、講座後も次々と質問が飛び交い、ペーペーの私は、その質問の深さや専門的なことにびっくりしてしまいました。
なので、私のような者がお話して、みなさんにご満足がいただけるものか、木谷さんにセミナーのお話をいただいた時は悩みましたが、イギリス好きのみなさんの前で洗礼を受けるべきだと思い、緊張しながら行ってまいりました。

もちろん、みなさん気さくで、イギリスが好きだからこその熱意をお持ちで、私のセミナーも真剣に聞いてくださいました。本当にうれしかったです。

セミナー後は、お食事をご一緒させていただきました。私はタータンについての知識しかほぼないので、みなさんのお話から刺激を受け、また、これからもがんばらなくちゃ、と元気をもらいました(#^^#)
イギリスを知る会のみなさま、本当にありがとうございました。また聴講に伺わせてくださいませ。

この日の午前は、ちょうど渋谷のBunkamuraミュージアムで開催されている『クマのプーさん展』を見てきました。
ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムから、クマのプーさんの原画がたくさん来日するというので、これは見に行かねば!!と。アーネスト・シェパードの絵が大好きなんです。
クマのプーさんは、ディズニーがアニメ化していますが、原作はイギリスの児童文学で、ディズニーのプーさんは本当のプーさんではありません。ぜひ、この企画展で、多くの方に、ディズニーではない、原作の、本物のプーさん(ディズニーは”クラシック・プー”という名でグッズを出していますが、クラシックというより”オリジナル・プー”ですよね…)のすばらしさを感じてもらえたらいいなあ、と、一ファンとして願わずにはいられません。

それにしても、土曜日の朝一で行ったので、すごい人でした!!あまりゆっくりする時間がなかったので、人が固まっているところは飛ばしてみるしかなく…(;O;) 残念でしたが、シェパードのきちんとした画力、ユーモアとやさしさを感じてきました。プーさんは、お話のよさもありますが、やはりシェパードの絵も相まって、人気が出たのではないかと思います。ルイス・キャロルのアリスのように。

プーさん展は全国を巡回するようなので、ぜひ、検索して、観に行ってくださいね(*^^)v フォトスポットもありました(≧▽≦)

 

仙台でタータンチェックセミナー♪

昨日、NHK文化センター仙台教室さんで、4月12日に2講座をさせていただくことをお知らせいたしました。
午後一で和紅茶セミナー、そのあと、タータンのセミナーをさせていただきます!! 何しろ、岩手県立美術館さんでの『タータン展』のための帰省ですから、多くの方に魅力を知っていただきたいのです。

知られざるタータンチェックとスコットランドの魅力

岩手県立美術館で4月から開催される『タータン展』にあわせて、タータンの知られざる魅力と、タータンを育んだスコットランドの魅力をお伝えします。
タータンはただのチェック柄ではありません。歴史と文化が詰まった特別な柄なのです。
4月12日(金)15:30~17:00
場所:NHK文化センター仙台・定禅寺通り教室(仙台市青葉区立町27-21)

会員と一般とで料金が変わります。詳細・お申込みは直接お教室のほうへお願いします。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1170343.html

和紅茶セミナー@仙台市

昨日の日記に書きましたように、4月14日に岩手県立美術館さんで、タータンの講演会をさせていただきます!
それに合わせて、久しぶりに実家のある仙台に帰省します。ご縁をいただき、仙台のNHK文化センターさんで、2講座、させていただけることになりました。
まずは…和紅茶セミナー

紅茶も国産が一番!和紅茶の魅力
年々生産量が増えていっている日本産紅茶(和紅茶、地紅茶、国産紅茶ともよばれる)。
単なるブームではなくそこには古い歴史があります。和紅茶の背景を知り、さまざまな品種の和紅茶をテイスティングして、楽しんでください。
最後はお菓子と一緒にティーカップで飲んでいただきます♪
4月12日(金)13:00~14:30

場所:NHK文化センター仙台・定禅寺通り教室(仙台市青葉区立町27-21)

会員と一般とで料金が変わります。詳細・お申込みは直接お教室のほうへお願いします。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1172491.html

4月からタータン展、盛岡で!

今まで何度もご紹介させていただいている『タータン展』。企画の段階から、ご協力をさせていただきました。
関西、東京での開催が終わり、東北へと場所を移します。岩手県立美術館さんで、4月13日(土)~5月26日(日)まで!!→http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html
私の実家のある仙台での開催がないのは残念ですが、岩手もとってもいいところで大好きな場所。
多くの方に来ていただけたらうれしいです(≧▽≦) 東北地方ではここだけでの開催です。

すでに前売り券が発売になっています。お得な前売り券をぜひゲットしてくださいね。


↑ チラシはなんと!!タータンの柄を替えて、4パターン作成されたそうです(#^.^#) ナイスアイデア!!

そして、私、岩手県美さんでも、タータンの魅力と題した講演会をさせていただくことになりました!!ありがとうございます!!
タータンの魅力
開催日時:4月14日(日)14:00~15:30
場所:ホール 参加費無料(鑑賞券での入館は必要) 当日直接ホールにお越しください
お待ちしています(#^^#)