さようなら、カナディアンワールド

北海道の芦別市にある、カナディアンワールドに行かれた方、いらっしゃるでしょうか。

小説「赤毛のアン」の世界と19世紀のカナダの街並みを再現したテーマパークカナディアンワールド」は、1990年に開園。
本場カナダの、赤毛のアンの舞台プリンス・エドワード島から、アンに似た女の子や、クラフトの職人さんなどを招くなど、それは力を入れて宣伝活動をし、1993年には、芦別市はプリンス・エドワード島の首都シャーロットタウンと姉妹都市提携を結びました(今も続いているようです)。
1997年に、プリンス・エドワード島の赤毛のアンの家「グリーン・ゲイブルズ」が火事になった時、島には家の設計図がなく再建(全焼したわけではなかったものの)が危ぶまれたのですが、このカナディアンワールド内にグリーン・ゲイブルズを建てた際の図面が残っていたおかげで、本家のグリーン・ゲイブルズは無事にもとの姿に戻ったのでした。
開園当初は大きな話題になったものの、バブルの影響も受けて破綻、1998年に閉園しました。

翌年、芦別市が管理する無料の公園として再オープンしましたが、老朽化で維持ができないとのことで、とうとう、今年2019年10月20日(日)に閉園されるそうです(;O;)
1990年の開園当初、パンフレットを取り寄せて行く気満々でいた私。結局、北海道ではなくプリンス・エドワード島へ向かい、そこで生活。その後、執筆、結婚、子育て…があり、北海道は遠いということもあって、一度も行けないままでした。ほぼ30年が経過したということですよね。寒さが厳しい北海道で、木造の建物を維持していくのは大変なことで、費用が必要な反面、無料の公園であれば収入もほとんどなかったでしょうし、どこかで決断はしなくちゃいけなかったのでしょう。
現在、静岡空港から札幌まで飛行機が飛んでいるので、何とか、最後に一度行きたいと思って予定を立てようとがんばったのですが、かなり無理しないとだめだということがわかり、残念ですが、諦めました。
行かれた方のサイトや写真を見て、行ったという想像をふくらませて、別れを惜しもうと思います。何事も、終わりは悲しいものですが、今までありがとうと、感謝で終わりたいですね。(行ってない私が言っても説得力ないですね…すみません)。
もし、間に合う方は、ぜひ行ってみてください<(_ _)>

行ってないのに、カナディアンワールド・グッズが手元にあるのは、フリマサイトで少しずつ、手に入れてきたからでして(;^_^A
荒井良二さんのイラストが好きなんです。右側に写っているオリジナルCDはいい曲ばかり入っていて、赤毛のアンの展覧会をした時にはずっとかけていましたし、今も時々聴いています。
人形も欲しかったのですが、意外と高いお値段で出品されていたのと、すでにPEIで買ってきた人形がいっぱいあるのと、断捨離もしなくちゃいけないので、手を出していません(^-^; とか言いながら数年後に持っているかもしれません(笑)

**インスタグラムの私のこの投稿を見た方から、閉園後は民間で運営維持していくための動きがあるとのコメントをいただきました。もしそうなったら、取り壊しされずに済みますね!今後の動きがわかったらまたこちらでご案内させていただきます!→2020年、民間団体での運営が決まりました!が、資金が必要とのことでご寄付を募集中→http://mikiokuda.com/2020/02/08/canadianworld-2/

***プリンス・エドワード島にあるグリーン・ゲイブルズの火事を検索していたら、昨年の夏、「グリーン・ゲイブルズ郵便局」でも火事があったとのこと!けが人はなく、一部の損傷のみで済んだそうで、ほっとしました。出火原因は何だったのでしょうか。1997年にはグリーン・ゲイブルズも火事にあっているし、どちらも赤毛のアン関連施設というのも気になります。

10月12日タータンセミナー@久留米

全国を巡回している『タータン ~伝統と革新のデザイン~』展。私は企画の段階から協力させていただきました!

今日9月21日(土)から、福岡県の久留米市美術館で始まりましたよ♪11月4日(月)までです。

関連ワークショップとして、私は講演会をさせていただきます!
「タータンの魅力」
10月12日(土)14:00~15:30
参加費は無料です。事前申し込みも必要ありませんので、会場へお越しくださいませ~(*’ω’*)

タータン展のツイッターです。私はツイッターやっていませんが、やっておられる方はぜひフォローくださいね(≧▽≦) 行かれた方はタグ付けもお願いいたします(#^^#) → https://twitter.com/tartan_scotland?lang=ja

上記チラシの緑色のドレス。先日までNHKで放映されていたドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』シーズン2、クリスマスの場面で女王が着ていたドレスに似ています!! 思わずテレビから写真撮っちゃいました(;^_^A 喧嘩するシーンなんですけどね(;^ω^)

タータン大好きだった女王夫妻。今後、バルモラル城を建てるシーンも出てくるのでしょうか。
EU離脱で揺れるイギリス本国ではシーズン3の放映がもう終わっています。が、日本での放映は未定。まだまだシリーズは続くようで、晩年のヴィクトリア女王は女優さんの交代もあるとかないとか、記事になっています。ということは、バルモラル城も出てくるはず!!どんなタータン衣装を身に着けるか楽しみです(って、撮影もまだしてないだろうし、ですが(^^;)。

シーズン2では、二人が初めてスコットランドを訪れる回がありました。ロケされたのはブレア城
そのブレア城で、通常非公開のライブラリーでの特別アフタヌーンティーが実現しただけでなく、女王ゆかりの宝物も見せていただけるという、とんでもないVIP待遇が実現した、私が同行解説するスコットランドツアー。個人旅行ではなかなか行くのが難しいハイランドも回ります。ハリー・ポッターの映画のロケがされた蒸気機関車にも乗車しますよ(≧▽≦) ご参加申し込み、お待ちしています!!!
2020年5月18日(月)~5月25日(月)8日間
詳細は→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

タータン記事、寄稿させていただきました!

雑誌「SPINNUTS」さんの最新号(2019年9月号No.104)に、タータンの記事を書かせていただきました(≧▽≦)

今年2月に、京都での「英国の羊毛展」にお邪魔して、編集長の本出さんとお知り合いになり、4月に岩手県立美術館さんで開催された『タータン展』での私のワークショップにも遠くからご参加いただき、寄稿のお話をいただきました。
スピナッツさんは雑誌も出されていますが、もともとは原毛屋さんで、原毛や関連商品等の販売、イベント主催等、行っておられます。そういうわけで、雑誌を読まれる方も、”織り”にご興味を持っておられる方が多いので、寄稿には躊躇しました。私は”織り”に詳しいわけではありません。
でも、いろいろな視点があってよい、私なりに長年調べてきたことを書いてくだされば、とのことでお引き受けさせていただきました。
今まで他の本には書いていない事柄も、こちらで書かせていただいています。
織りに関して、東京の手織り工房タリフさんにご助言いただき、よい記事に仕上がりました、ありがとうございました。

英国の織物に影響を受けて発展した、日本の織物についても特集されています。とても興味深い記事がたくさん!!ご興味のある方は、ぜひ手に取ってご覧くださいませ(#^^#) インターネット書店でも扱っていますし、以下のイベントでも購入できますよ。

スピナッツさんが協力されている恒例の大イベント「東京スピニングパーティ2019」。この土日、9月21・22日と、すみだ産業会館にて開催されます!!
一度行ってみたいと思っているのですが、いつも用事と重なっていくことができていません(;_:) 今年も無理そうですが、こちらもご興味のある方、ぜひぜひ♪♪ チラシ↓
日本全国から103ブース、ワークショップも多数!というチラシを見て、いいなあ~と思っています。来年は!

***奥田実紀のスコットランドタータンツアー参加者募集中!***
2020年5月18日(月)~5月25日(月)8日間
詳細は→https://saray.co.jp/newtours/arttour/13911/

テディベアと一緒にティータイム♪

私の著書『紅茶をめぐる静岡さんぽ』でもご紹介しているカフェ「brocante672」さん。オーナーは今、お仕事でドイツにお住まいです。年に2回ほど、帰国され、先月8月に帰国された際、お店におうかがいさせていただきました。オーナーさんはテディベアのコレクターで、アンティークやブロカント雑貨も買い付けてこられるので、それらを見せていただくのも楽しいんです。
そして、いろいろなお土産をお茶と一緒に出してくださるのもうれしいことのひとつ(*’ω’*)

一緒に行ったお友だち「ラ・アンジュ」さんはパティシエで、おいしいシフォンケーキやスコーンを販売されています。今日はほうじ茶のシフォンの試作を持ってきてくれました。ほうじ茶はカカオとよく合うので、まずはコーヒー。

次に出していただいたのは、ハーニー&サンズのホット・シナモン・スパイスティー。アメリカの有名な紅茶ブランドですよね。
ティーカップに入れているのは、スプーン…型のシナモンクッキーなんですよ!いくつかおうちでもどうぞ、っていただいたので…パッケージに書いてあったように、アイスクリームを食べる時に使ってみました。

私は乳製品が食べられないので、こちらは実は、豆乳のヨーグルト。「豆乳グルト」という名前でスーパーで売っています。乳製品を避けたい人にとってはありがたい商品です。冷凍ベリーをかけて…シナモンクッキーのスプーンでいただきました。水分を含んでいくとふにゃふにゃになってしまうので、途中でえいっって食べちゃいました(笑)

そして、お土産にいただいたお茶は、家でのティータイムに大事に、大事に飲んでいま~す(^^♪

妖精が描かれたピンクのパッケージがキュートすぎる(≧▽≦) テンションがあがります♪ ベリーやローズヒップ等が入ったフルーツティーは甘い香りときれいなバラ色。ハート型のカップでいただきました!

台湾にまた行きたい

世界はほしいモノにあふれてる』、『旅サラダ』と、続けざまに観たテレビのテーマは”台湾”でした。
台湾にはまっている私。またまた行きたい病が発症(笑)

ちょうど、雑誌『緑茶通信』の次号で、台湾紅茶事情を寄稿させていただいたこともあって、ますます台湾熱が出てきました(^^;
発刊されましたらお知らせしますので、楽しみにお待ちくださいね。といっても、書店では販売していないので、ご希望の方はネットから緑茶協会へお申込みくださいませ。→http://www.o-cha.net/kyoukai/kikanshi.html

こちらの『緑茶通信』には、私は国産紅茶の記事も寄稿させていただきました。第41号「国産紅茶の描く未来II」です!まだバックナンバーがありますので、ご興味のある方はぜひお買い求めくださいませ。41号の表紙の写真は、実は私が撮影した写真なんですよ~~~~(#^.^#)うふふ~。

台湾の紅茶は、2年前から追いかけているテーマ。みなさんに台湾紅茶の魅力を知っていただけると思うとワクワクします(≧▽≦)
だって、台湾といえば烏龍茶が有名ですものね。もちろん、台湾の烏龍茶も私、大好きです♪♪
ということで、3月の台湾旅で買ってきた台湾の烏龍茶を出してきて飲みました~(#^^#) 品種は四季春。香りがいいんですよね! 器も、台湾旅で買ってきたもの。香りのいいお茶を飲むと心からリラックスできます。