田村セツコのHappyバスツアー②

Spread the love
Pocket

とちぎ蔵の街美術館がある栃木市(栃木駅)には、初めて来ました。仙台の実家に帰る時に、東北新幹線や、東北自動車道で、通り過ぎますが、降りたことはなかったんです。テレビで蔵の街として紹介されていたのは知っていて、一度来たいと思っていたのです。

駐車場から美術館まで、ボランティアの観光ガイドさんが町の説明をしながら案内してくださいました。昔は家の横幅(間口)で税金がかかったので、間口は狭くて奥に長い町屋が建てられたこと。栃木市は商業の街なので、一番手前が店、その奥が生活する母屋で、その奥に庭があって、またその奥に蔵があって…という、ウナギの寝床と言われるほどの長い造りになっているとのお話や、「栃木」の「栃」という字は”漢字”ではなく、明治時代に役人が作った”国字”であるお話、カカア天下のお話などなど、興味深いことをたくさん、軽快にお話してくださって、楽しいのなんの。私もみなさんも大喜び。
「栃木」の名の由来は… 信仰を集めていた「神明宮」という神社(現在もあります)の、社のてっぺん、ばってんに交差する部分がもとになっているそうです。それは「千木」と書いて「ちぎ」と呼び、伊勢神宮や出雲大社の巨大な千木は有名。普通は一対だけ付いているのですが、神明宮の千木は十本もある立派な神社だったので、「千木」が「十」ある=「十千木(とちぎ)」という名をつけたというのです。しゃれといえばしゃれですが、ほほ~~と、みなさんうなっておりました。


通りから奥まって見えませんでしたが、とちぎ蔵の街美術館は、なんと、蔵を3つも合わせた迫力ある美術館でした!! 栃木市に現存する多数の蔵の中でも最古の土蔵群になるそうで、およそ200年前に建てられたとのこと。


2019年8月4日(日)まで開催中の「田村セツコのHappyがいっぱい!」展。入り口には、Happyちゃんがいます♪ この前でみんなで記念撮影。その後、バスの出発時刻まで自由行動です。中はなんと撮影OK!これはうれしいですね。


セツコさんはすべて手描きで仕事をされているそう。原画は、実際に見ると透明感があり、筆のタッチなども肌で感じられて、本当に感動します。


セツコさんは、アリスと星の王子様が特にお気に入りだそうです。『赤毛のアン』も描いているのですが、今回の展示にはアンはありませんでした(;_:)


でも、『若草物語』の挿画がありました! 先日のツアーで、作者オルコットゆかりの地を訪ねてきたばかりなので、じっくりとセツコさんの若草物語を堪能。


セツコグッズ。ノートや色鉛筆など、これ、持ってた!!!っていうのがずらり。少女時代にタイムトリップしました。


こうしたコラージュや、お菓子の缶に絵を描いたもの、自分で作った洋服や人形など、セツコさんのイラストだけでなく、クリエイト力といいますか、モノづくりのセンスも素敵なんですよね。モノがない時代に育ったから、廃物利用でいろいろなリサイクルアートを作るのが好きだとインタビューで話されていますが、こういうリサイクルアートってセンスが問われるんですよね、やっぱり。セツコさんがちょっと絵を描くだけで、ちょっとコラージュするだけで、かわいらしく、おしゃれに変身しちゃうんですから、すごいです。


蔵を使っているので、中はこんな感じ。すごくいい雰囲気です。

展覧会を見学後は、まだ時間があるので、街を散策。


写真右奥の赤い鳥居が「とちぎ」の名の由来になった神明宮。


栃木市のマスコットキャラクター「とち介(とちすけ)」。かわいいい!蔵の街栃木市で生まれた蔵の妖精だそうです。


交易でにぎわった巴波川。舟の遊覧もできるようですが時間がないので…。


セツコさんの展覧会期間中だけの限定カフェラテがあると聞き、飲んできました~(≧▽≦)

バスの発車時刻まで、まちの駅「コエド市場」で物産品をチェック。


珈琲味の餡が入ったこのお菓子がおいしかった!

セツコさんの時間が空いたのを見計らって、持参した本にサインしてもらおうと思っていたのですが、なかなかチャンスがなく…。バスが出発する前に、もうこの時しかない!!と、無理を言ってサインをしていただきました(#^.^#)

Happyちゃんまで描いてくださって…感謝感激です(;O;) セツコさん、ありがとうございました!!!一緒に写真も撮ってもらいました。大事な記念です。

バスは帰りも順調に進み、無事に池袋に到着。私は興奮さめやらぬまま、浜松へ戻りました。ツアーは、なかなか会えない東京のお友だちを誘って行ったのですが、ほぼ丸一日、一緒にいて、いろんなおしゃべりをして、おいしいものを食べて、笑って……。本当に楽しかった!!また一緒に旅行できたらいいな(*’ω’*)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください