ニューイングランドツアー日記 その10

Spread the love
Pocket

先回(http://mikiokuda.com/2019/07/08/americatour9/)の続きで「オールド・スターブリッジ・ビレッジ」を訪ねたお話です。


中央に芝生広場が広がる中心部に来ると、野球のようなスポーツを楽しむスタッフたちが。ドレス姿では動き回りづらそう…。ドレスを手で持ち上げて走らないと、つっかかって転んじゃうものね。


こちらは当時の銀行。当時の紙幣やコインについて説明していました。


銀行の隣のベイクショップが、お土産店も兼ねています。オリジナルのジャムやロウソクなど、かわいいものがいろいろありました。私もいくつか買っちゃいました。


これは、当時のレシピで作られたというチョコレート。布の入れ物もかわいらしくて。スパイスが効いた、甘さ控えめの好みの味でした♪


出口のところにあるハーブ・ガーデン。医薬がなかった当時、ハーブは薬としても用いられ、食事にも使われるなど、生活には欠かせないものでした。こちらには、ニューイングランドのネイティブ・アメリカン、あるいはニューイングランドに移民してきた人々が親しんだ”古くて価値のある”ハーブ400種類が育てられています。
医者の資格が必要なかった当時、独学で医者になったサミュエル・トムソンのパネルもありました。トムソンはネイティブ・アメリカンのハーブ利用法を学び、自然主義医学のハーブ療法を確立させました。”その土地の、誰もが手が届く場所に、あらゆる疾患に効く薬が十分に存在する”と、植物医学を唱え、トムソニアン(トムソン式治療法)は人気を得ました。彼が出したハンドブックは何版も重ねたそうです。
アロマの資格を一応(笑)持っている私。ハーブティーを含め、植物療法にはとても興味があります。

まだ見ていない部分が残っていましたが、ランチの待ち合わせ時刻になったので、ビレッジ内のレストランへ。

みなさんはチキンポットパイを召し上がり、私は↑ベジタリアン・バーガー。これがとってもおいしかった!


デザートは数種類を数人でシェアしました。一口ずつ、ご相伴にあずかりました、相変わらずの甘さでした(;^_^A

食事のあとは、ショッピングタイム。私は見残した施設が心残りなので、見に行ってきました。

ターシャのお気に入りのビレッジ、私もとても気に入りました♪ターシャはあの姿でここへ来たでしょうから、まったく違和感なかったでしょうね(^^; スタッフと間違われたこともあったでしょう。私も今日は、ちょこっと、レース編みの襟をつけたワンピースを着て、雰囲気に浸っちゃいましたもん(笑)
一日いられるくらい、充実したビレッジでした。まだまだ、もっとゆっくり見たかったのですが、予定より時間を早めて出発することになりました。今日の夜から、ボストンへ二泊します。私を含め、みなさん「ボストン美術館」を今日見学したかった(月~金は夜10時まで開館しており、今日は金曜日でした)ので、できるだけ早くボストンへ入り、広い美術館をゆっくりと見られるようにしたのでした。

のどかな田園地帯をあとにし、一路、ボストンへ!

旅行記はつづく

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください