貴族のお城に泊めていただきました♪

Spread the love
Pocket

前の日記に書いた、ブレア城のアソル・ハイランダーズ・パレードや、ハイランド・ゲームズをVIP待遇で私が体験できたのは、ブレア城主の親戚にあたるキャサリンさんとお知り合いになったからなのです。

キャサリンさんと初めてお会いしたのは、2017年11月。『お茶の京都博2017』というイベントの、世界のお茶シンポジウムで呼ばれて来日されました。キャサリンさんは、スコットランドでお茶を栽培しているグループ「ティー・ガーデンズ・オブ・スコットランド」のメンバーのお一人で、グループのコンサルタントをされているベバリーさんと二人で、スコットランドのお茶栽培事情を講演。ブースも出して、スコットランドのお茶を宣伝しました。

ベバリーさんについては先の日記に書いています→http://mikiokuda.com/2019/05/17/hankyuteafes1/

キャサリンさんはメギンシュ城というお城に住んでいる貴族の方ですが、子どもの教育や、ガーデニングや、地域活動など、さまざまな分野で精力的に活動をしておられて、お茶もガーデニングの一環で始められました。といっても、遊びではありません。
その広大な庭の一角に、茶の木を植えて栽培していますが、寒いイギリスでの茶栽培はまだ始まったばかり。キャサリンさんだけでなく、他のメンバーも、ゼロから、苦労をしながら茶樹を大きく育てている最中です。冬の寒さに茶の木が死んでしまったことも。
それについてはこちらの日記にも書きました→https://plaza.rakuten.co.jp/okudamiki/diary/201710230000/

京都で、短い時間でしたが、キャサリンさんとベバリーさんにお会いして、食事や和菓子体験を楽しみました(*^^)v
その時に、私がタータンの研究をしていることを話すと「ブレア城って知ってる?私、ブレア城の関係者なのよ」との驚きの発言!!「え~!私、ブレア城に行きましたよ!タータンのお部屋がありますよね。白亜の美しいお城ですよね。でも、年に一回のアソル・ハイランダーズのパレードは時期が合わずに見ることができなくて本当に残念だったんです」と、私。
すると、「私の兄、アソル・ハイランダーズのメンバーなのよ。紹介してあげるし、もしパレードに来る時は、ご案内するわ!ぜひまたスコットランドに来て」との感激の申し出。

話はそれで終わりません(^^;
ちょうど、翌年2018年5月には、私が同行解説する英国ファンタジーツアーが計画されていました。
アソル・ハイランダーズのパレードの日程を調べたら、なんと、そのツアーの前の週ではありませんか!!
一足早く先にイギリスに入れば、行くことが可能です! ツアーのみなさんをあちら(イギリス)でお出迎えする許可をツアー会社からいただき、私は念願のアソル・ハイランダーズのパレードとギャザリングを見ることができたというわけなのです。
前書き、長くなりました~。

こうして、キャサリンさんとメールのやりとりを重ね、キャサリンさんの住むメギンシュ城に泊めていただくという光栄にもあずかったのです。→http://megginchcastle.com/
メギンシュ城は一般に公開していませんが、少数グループで訪れることはアポイントにより可能です。将来、ガーデンツアーや、お茶ツアーなどを行っていきたいとのこと。


ブルーベル


こんな素敵な森の小道が、敷地内にある……( ;∀;)


窓の外を見たら、馬もいました…(≧▽≦) 貴族のお屋敷に馬は欠かせない。


映画好きの方はあれ、と思うかもしれません。なんと、リーアム・ニーソン主演の映画『ロブ・ロイ』で、マーケットのシーンでここがロケされたんですって!!!ひゃ~~なんという感動。大好きな映画です。


こちらがお庭。高いブロック塀で囲まれたウォルド・ガーデンWalled Gardenです(あの『秘密の花園』に描かれているのと同じ)。


庭への門を開けると、このキングサリのアーチが。


キングサリ。黄色の花が、新緑に映えます。


こちらは果樹園。メギンシュ城の庭は、リンゴの木がたくさんあるのでも有名で、古いリンゴの品種や、珍しい品種もあるそうです。どれだけのリンゴの品種が揃っているか、リスト化しているとのこと。

地植えしていた茶の樹は、厳しい冬の気候でかわいそうな姿になってしまっていたので、お写真は見せられません…が、枯れずにがんばっている子もいました。キャサリンさんは諦めずに、茶の栽培は続けていきたいと意欲的です。ぜひ、成功させてほしい。

どこに行くという予定もなく、お城の中を案内していただいて、お庭を歩いて(とにかく広いから…(笑))、そして木陰でお茶をして…。何もしないでゆっくりした時間を過ごすなんて、私の旅ではありえません(;^_^A ので、本当に、心がほっこり、癒されるひとときを与えていただきました。心から感謝します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください