台湾旅行記2019 その8

Spread the love
Pocket

お昼を取った牛肉麺館のすぐそばに「麗采蝶精品茶館」がありました。こちらの茶館は岡本先生の生徒さんおススメのお店でした。この場所に移転してきたばかりとのことで、中はとてもきれい。ティールームでお茶をしたかったけれど、今、食べたばっかりですし、このあと豆花(豆乳プリン)を食べる予定にしていたので、残念ながら諦めました。

こちらは台湾茶ではなく、インドのダージリンのお茶を専門に扱っています。台湾で、海外の紅茶専門店は珍しいのではないでしょうか。日本でもダージリンのお茶は高価ですが、値段を見てびっくり…物価が安いといわれている台湾でもとても買えません(;’∀’) でも、親切に試飲などもさせてもらいましたし、水出しのアイスティーをオシャレなボトル売りをしていたので、そちらをひとつ、買ってみました。曇りとはいえ、歩くと暑くなり、蒸すので、水分補給は必須です。ダージリンのお店ですが…私は東方美人のアイスティーを買いました(笑) やっぱり、台湾に来たらウーロン茶でしょう。
台湾では、細長い透明なボトル入りでアイスティーを販売していますが、このお店のボトルは、蓋の部分がカップになって、直接口をつけずに飲めるというところも、考えられてておしゃれだなと思いました♪

このあと、豆乳屋さんが経営しているカフェ「二吉軒豆乳」で、念願の豆花(トウファ)をいただきました!!台湾でうれしいのは、牛乳ではなく、豆乳を当たり前のように料理に使うこと。豆乳屋さんらしからぬ(?)おしゃれなパッケージデザインも若者に人気らしく、こちらも行列ができていました。お店も、ウッディでスタイリッシュなオープンスペースで、カウンターなんかもあり、若者がいっぱい。

豆花には味がついていないので、トッピングで楽しむんです。私たちは、豆花に豆乳がかけられた(シンプル極まりないですが(笑)豆乳がおいしいのでこれで十分)「豆漿豆花(60元)」にプラス10元であずきをトッピングしました。感動~~(≧▽≦)
けっこう量もあって、二人で1個頼めばよかったも、です(^^; いろいろトッピングは、トッピングの組み合わせを間違えると悲しいことになるので、一回目の今回はシンプルにあずきのみ。次はもう一種類くらいプラスしよう~。
(つづく)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください