タータンの魅力を語る

Spread the love
Pocket

Cha Tea紅茶教室さんでのタータン・アフタヌーンティーの翌日(1月20日)は、三鷹市美術ギャラリーさんで開催中の『タータン展』にて、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきました。

この講演会に、Cha Tea紅茶教室代表の立川さんと、英国菓子研究家の砂古さんがご一緒に来てくださるというではありませんか!!なんという光栄なこと。
講演会は午後からだったので、早めのランチをご一緒にいかがでしょうとお誘いし、以前お茶会でお世話になった「ローズ&M」さんへ。砂古さんはご予定があるとのことでランチはご一緒できませんでしたが、昨年私の英国ファンタジーツアーにご参加くださった河村さんが来てくださって、三人で楽しくおしゃべりと、おいしいランチをいただきました♪

ランチ後の紅茶は別注文、ティーポットで出てきます。新たに入荷したというインドの農園の紅茶を頼みました。ブルー&ホワイトのティーカップ、うれしい♪(どのカップが出てくるかはお任せなんです(#^.^#))

ローズ&Mさんのある建物は、イギリス好きのオーナーさんが、イギリス産の石を取り寄せて建てられたとのこと。三鷹駅から8分くらい、川沿いを歩いただけで、こんな英国の雰囲気がどーんと現れるんです。カフェの横はアンティークショップになっていて、英国好きにはたまりません。

そして、午後の講演会。100名近い方がいらしてくださり…。こんなに大勢の方の前で話すのは、本当に緊張します(;’∀’) 昨年の、神戸ファッション美術館さんでの講演会の時も緊張しました…人前で話すのは何回も話していても、苦手です…。

それでも、Cha Teaさんや砂古さんをはじめとするお友達や知人がたくさん来てくださったので、気持ちがやわらぎました。学芸員さんも、何かあったら助けてくださると言ってくださったので、心強かったです。

参加者さんの中に、こんな素敵なご夫婦が。ご結婚30年を記念して、おそろいであつらえたそうです(≧▽≦)ご主人はバグパイプ奏者ですって(私もお世話になっている、東京パイプバンドの山根さんのお仲間だそうです)なんて、なんて素敵なんでしょう。
顔出しいいですよ、と言っていただきましたが、やはり少しぼかさせていただきました。(私の顔もぼかしちゃいました・笑)

他にも、タータンをどこかに身に着けてくださっているお客様がたくさんいらっしゃいました。こういうのが、楽しいんですよね。講演会のあと、タータン展の会場でも参加者さんとお話ができ、タータンの本もたくさんご購入いただくことができました。

みなさま、本当にありがとうございました。

↑撮影スポットの一つである、タータンのソファ。ソファ自体は無地で、ライトによってさまざまなタータン柄に変わっていきます。ものすごい種類があるんですよ。撮影のためにちょっと座るぶんには構わないそうです。白い服で行って、このタータンに座って服の柄が変わっていく様子を撮影している方も多いようです(素敵なアイデア♪)。

『タータン展』は2月17日まで開催中です。おそらく二度とこのような大規模なタータンのイベントはできないと思うので、ぜひ、足をお運びください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください