コールズのクリスマス・プディング

Spread the love
Pocket

インスタでもみなさんアップしている、イギリスの伝統的なクリスマス菓子クリスマス・プディング」。
私も、英国展で買ってきてもらった、イギリスで市販されているコールズColesのクリスマス・プディングを食べました♪

写真のプディングはミニサイズですが、通常の大きいプディングの中には、幸運を意味するコインや指ぬき、ベル、蹄鉄、ウィッシュボーンなどを入れて蒸すんです。本物を入れるにはこのプディングは小さすぎます(^^; 写真にあるようのは幸運のモチーフをチャームにしたもの。これは、お世話になっている、東京のCha Tea紅茶教室さんから、以前いただいたもの。かわいいです!!
私が昔住んでいたカナダでも、クリスマスにはクリスマス・プディングを食べますが、中にこうしたモチーフを入れていた家には当たらなかったなあ…。切り分けて食べた時、これらが当たった人はラッキー(#^^#)なんですって。一度、当たってみたかった…。

お菓子の中に幸運のモチーフを入れるというのは、フランスの「ガレット・デ・ロワ」も同じですね。ガレット・デ・ロワは、1月6日のエピファニー(公現祭)の日に食べるんだとか。イギリスでも、キリスト教の「公現祭」である1月6日は同じように祝い、クリスマスから数えて十二夜にあたるので「トウェルフス・ナイト・ケーキ」を食べる習慣があります。この日でクリスマスが終わる、つまりクリスマスは1月6日まで続くので、クリスマスツリーもこの日まで飾っておくそうですよ。

クリスマスに食べる伝統菓子に「ミンス・パイ」がありますが、こちらも、クリスマス・プディングと同じように、ドライフルーツやスパイス、ブランデーなどがたっぷり入った濃厚なもの。おなかにも、味覚にもどか~んってくるので、私は写真のくらいのミニサイズの半分か、3分の1くらいで十分です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください