「美しきスコットランド」展、ありがとうござました

浜松のカフェ「アポロン」さんでの、奥田実紀作品展『美しきスコットランド』は、昨日で無事に一か月間の展示を終えました。
10月はセミナーで浜松から出ていることが多く、アポロンさんに滞在できる時間がほとんどなく、せっかく来てくださったのに私がいなかった、という方もいらっしゃると思います。本当に申し訳ございませんでした。
時間を作って来てくださったみなさま、心よりお礼を申し上げます<(_ _)>
アポロンさん、展示させていただきまして、ありがとうございました。

今後ともみなさまに喜んでいただける仕事をしていきますので、どうぞ応援いただけましたら幸いです。

スコットランド展も、赤毛のアン展も、英国ファンタジー展も、地元・浜松でも何度もさせていただいてきました。東京と大阪では、何度か、やらせていただいたことがありますが、それ以降はめっきりなくなっておりました。全国のあちこちで、開催できたらな~という夢は持っています。小さなギャラリー、あるいはカフェで壁を無料でお借りできるところなど、ご存知でしたら教えてくださいませ<(_ _)>

シャーロック・ホームズと帆船のお話♪

(昨日の日記のつづき)
鎌倉アンティークス」さんのそばのバス停から、バスに乗って藤沢駅へ移動。「イギリス文化に親しむ会」さんのセミナー受講です。
イギリス文化に親しむ会さんは、お茶研究家の川谷眞佐枝先生と、紳士服の「英國館」の店主さんが中心となって活動をされている、イギリス好きにはたまらないサークルです♪
毎月、イギリスに関するさまざまなテーマで、ご専門とされている方々をお招きしてセミナーをされていて、今回が第326回という歴史をお持ちです。どなたでも参加ができるので、ご興味のある方はいかがでしょうか。近かったら、毎月参加したいくらいです、私。
今までセミナーされた方のラインナップはそうそうたるものです!→http://england.kir.jp/engcultuer.htm

私はありがたくも、英国ファンタジーと、タータンをテーマに2回もこちらでセミナーをさせていただきました<(_ _)>

今回は、シャーロック・ホームズ研究家で有名な田中嘉芳先生の「シャーロック・ホームズ帆船紅茶」というテーマです。
シャーロック・ホームズのファンは”シャーロキアン”と呼ばれていますが、親しむ会の会員さん以外の、シャーロキアンの方々がたくさんご参加されていて、会場はもうきつきつでした。さすが、ホームズ人気は根強いですね。

私は帆船に興味があり、受講をさせていただいたのですが、ホームズ物語に出てくる帆船の話から、ティー・クリッパーとその競争の話、黄金時代を経て終焉を迎えるまでを、映像を交えてお話してくださいました。田中先生のお話は、落ち着きがあり、理論的にすらすらと進んでいくので、あっという間に時間がたってしまいました。先生自身がホームズに見えてきます(笑)
夢中になって聞いていたのでお写真を撮るのを忘れました(;’∀’)

親しむ会さんのセミナーの会場から、富士山がきれいに見えました♪(撮った写真はこれだけ・笑)

機会があえば、またセミナーを受講しにうかがいたいと思います(#^.^#)