英国フェア、好評開催中♪

Spread the love
Pocket

以前よりお知らせさせていただいていました、浜松の遠鉄百貨店8階にて「英国フェア」、昨日から始まりました!
私は昨日、2回、タータントークイベントをさせていただきました。
平日ではありましたが、この暑い中、足を運んでいただき、お話を聞いていただいたこと、本をご購入いただいたこと、
本当にうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
お越しくださったみなさま、ありがとうございます!!!

英国フェアは、月曜日(8月6日)まで開催しておりますので、ぜひ、お立ち寄りいただけましたら幸いです。(月曜日は5時で閉場)
私は自分の書籍のブースにいないこともありますが(;’∀’) 書籍は期間中ずっと、販売していますので、お買い求めいただけます。
また、土・日・月と、会場にいると思いますので、お声をかけていただければサインもいたします(#^^#)

日本ではなかなか手に入らない英国の料理やお菓子、雑貨、銀製品、アンティークなど、いろいろ揃っていますので、
見ているだけでも楽しいですよ~(^^♪ 特に、日本では一社しか作っていない、クロテッドクリーム! もとは英国の特産品。
温めたスコーンにクロテッドクリームとベリー系ジャムをつけて、紅茶と一緒に食べるのが英国では普通のティータイム。ぜひご自宅でも味わってみてください。

土曜日(4日)と日曜日(5日)の、11:00~、13:00~、15:00~ は、バグパイプの演奏があります。迫力のある演奏をお楽しみください。

スコットランド開発庁からの、開催お礼のメッセージ!2019年に開催されるラグビーワールドカップの、スコットランド代表チーム公式キャンプ地の一つになったことも、これからの浜松とのつながりを物語っていますね!会場にはチームのユニフォームも展示されていますよ!

↑実は、浜松とスコットランドの結びつきははるか昔にもあったんですよ!!!これは浜松市民にも知られていませんが…!!1875年の8月10日、英国船籍の「ペイトン号」が遠州灘で難破し、それを浜松市民が助けたんです!!
難破船を救助したという心温まる話は、トルコの「エルトゥールル号」が有名ですが、これは1890年の出来事。そのずっと前に、浜松市民が難破船を助けていたのですね。難破船はスコットランドでつくられた船で、船長もスコットランド人だったとか。私も知らなかったこの事実は、もっと多くの方に知ってほしいですね。会場で、パネル展示してありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

同じ会場で、婦人ファッションのバーゲンもやっていまして……ついつい、そちらものぞいて(笑) 欲しいものを見つけちゃったりしています。
外は暑いですが、中は涼しい~~ので、ゆっくりしていってくださいね。

英国フェアのチラシはこちら。https://www.endepa.com/e100/file1/299-1359252.pdf

そうそう、昨日発売したばかりの私の新刊も見てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です